横浜中華街のランダムウォーカー

みなさんに、役立つ情報を共有できたらと思います。

【スポンサーリンク】

リップル(XRP・Ripple)とは?特徴・今後などについてのまとめ

【スポンサーリンク】

f:id:apy1526:20180813135202p:plain

みんなが大好きリップル。

Twitterでもリップルの話題を出すといいねがたくさん付きます。というところで、リップルに興味をお持ちの方は多いのではないかと思うのですが、どんなコインなのかいまいちわからない方も多いのではないでしょうか?

 

という僕もイマイチ分からないので、この機会にみなさんに紹介しつつ理解を深めていこうと思います。

 

また、僕のブログを見てくれる人は、そんなにめっちゃ細かい仕組みの理解を求めてはいないと思うので、ざっくりと、そして中学生でも分かるように超簡単にリップルとはどんなコインなのかをまとめていきたいと思います。

 

  

💰リップルが開発された背景

従来の国際送金は、銀行や送金業者を経由して行なっていますが、従来の国際送金には①送金が遅い②手数料が高いとう課題がありました。これらの課題を解決できるよう開発されたのがリップルというわけです。下の画像を見ていただくと分かりやすいかもしれません。

 

f:id:apy1526:20180813123227p:plain

出展:リップルとは?仮想通貨XRP(Ripple)の特徴/仕組み/ニュース/今後/取引所/ウォレットにいて徹底解説

従来の方法だと様々な金融機関を通して送金するので、そりゃー遅くなるし、手数料もかかりますよね。

一方、リップルに関しては、日本円⇔リップル⇔スウェーデンといったかたちで、国際送金でリップルが懸け橋として活用される場面があります。

 

 

💰リップルの特徴

・中央集権的通貨

非中央集権通貨の代表である、ビットコインなどとの大きな違いは、ブロックチェーンによって取引を行うのではなく、ほとんどがリップル社が管理するサーバーで行われるということです。このため、処理の高速化と、手数料の削減に成功しています。

ただ、あまりに中央集権的であると、証券とみなされて規制されてしまうのではという危険もあります。

それに対し、リップル社は、2018年2月に、将来的にリップルが分散化される可能性を示唆しています。

 

・送金が早い

これに関しては公式サイトにも記載があります。

f:id:apy1526:20180813131737p:plain

 

また、実際にやってみた方の記事もあります↓

moblock.jp

 

・マイニングが行われない

ビットコインなどとちがい、リップルはマイニングが行われません。なぜなら、発行上限である1000億枚が全て発行されているため、マイニングを行う理由がないからです。

ソースはこちらの、よくある質問の問9に答えているものです。

9.リップルでさらにXRPを作成できますか?
いいえ、会社はXRPを作成していません。会社設立前に1000億XRPが作成され、Rippleが設立された後、XRPのクリエイターは相当量XRPを会社に贈与しました。 

 出展:Top 9 Frequently Asked Questions About Ripple and XRP

 

 

💰なんでこんなに注目されているのか

・実需が伴っている

上記のような理由から、各国の金融機関で注目されており、すでに世界数十か国の金融機関と提携済みです。また、日本でもりそな銀行だったり、みずほ銀行などもリップルによる実証実験を行っている最中です。やはり仮想通貨で一番怖いのが、その仮想通貨事態が消滅することです。その点リップルは多くの金融機関と提携しているということもあり、実需が伴っているので、ほかの仮想通貨に比べると消滅する可能性が低いと考えられます。

 

・価格安定性

2017年12月に、リップル社が持っていたリップルの9割が第三者に委託されました(630億XRPのうち90%の550億)。理由は、リップル社が大量に持っているリップルを大量に売却すると、価格が暴落する可能性があるからです。これにより市場に売却されるリップルの数量に上限が設けられるため、仮想通貨投資にありがちな、激しいボラリティーを避けられる可能性が高まったと言えます。

ちなみに現在価格↓

www.yoshiki-diary.com

 

💰リップルの今後

短期での爆上りに関しては、昨年末のような市場全体がバブル状態になるような状況にならなければ基本的には考えづらいと思います。

 

なぜなら、国際会計のルールが整わなければ、各国の金融機関がリップルを使って国際送金業務を行うことは出来ないからです。

 

そしてそのルールが整うまでには数年、あるいは10数年単位の時間がかかることも十分考えられます。

 

ただ、リップルの理念でもある、「価値のインターネット」によって、世界中の価値を低コスト、ハイスピードで取引することが可能になったら、ここから数倍、どころではなく、10倍、100倍も夢ではないでしょう。

 

そこらへんの可能性を信じれるかどうかが投資する基準になるかと思います。

 

ちなみに僕は自分でこの記事を書きつつその可能性を感じたので(ただあまり資金はないので)、ドルコスト平均法的に毎月少しずつ購入していこうと思います。

 

💰リップルはどこで買えばいいの?

僕のお勧めは圧倒的にこちらのGMOコインで、日本の取引所で唯一リップルを購入できるところです(2018年8月現在)。理由は2点で、東証1部上場企業のグループ企業であるという安心感と、購入のしやすさです。これは実際に購入してみれば分かります。「購入」なので、指値とか成行とか買い板、売り板などの細かい知識も一切不要です。初心者には一押し、というかGMOコイン一択だと思います。

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】