横浜中華街のランダムウォーカー

みなさんに、役立つ情報を共有できたらと思います。

【スポンサーリンク】

現役塾講師が教える、中学数学が苦手な人の勉強法!80点をめざす【定期テスト対策】

【スポンサーリンク】

他の科目は取れるんだけど、数学だけ点数が取れない・・・。数学的な考え方ができない・・・・、などなど、いろいろと問題を抱えている中学生の方、多くいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

僕も数学が苦手でした。

でもあることをきっかけにして、苦手意識を克服し、さらに結果を出すことに成功しています。また、それを生徒さんにも伝え、数学嫌いを克服させています。

 

ではどうやったら苦手な数学で点数を取ることができるのかをお教えします。

 

数学は暗記である

冒頭でお話したあることとは、この言葉を聞いたことです。この言葉を聞いてから「分からない問題があっても解き方を覚えればいいのだ」と割り切ることができるようになりました。

この勉強法の優れているところは、①解き方を覚えてしまえば数字を換えられただけの問題であれば余裕で解ける②初見の問題でも、「あ、あの問題の解き方とあの問題の解き方を組み合わせればできる」と分かるようになるところです。

ただ、そうなるためには基礎力がかなり大事になってくるので、ワークを最低でも3回は繰り返し行う必要があります。

 

得意にはならないと割り切る

点数を取ることと矛盾するようですが、苦手な科目は得意にはなりません。なので、アベレージ90点を取るとかは、はっきりいって数学が苦手な人は難しいです。

ただ、80点程度をキープすることは可能です。実際、この勉強方法を確立してからは、数学で80点を下回ることはなくなりました。その結果、数学が苦手だったにもかかわらず周りから【理科系の男】と呼ばれるようになりました(笑)。

 

 

 

どのような問題集を買えばよいのか

買わなくていいです。学校のワークと教科書の問題があると思うので、それをひたすら時間を計りながらノートに繰り返し解くだけでオッケーです。※最低でも3回は繰り返し行いましょう。

点数が上がらない人ほど、市販のワークを買って満足して終わっています。

勉強は【一冊を深く】が基本です。

 

計算で絶対に落とさない

数学が苦手な人は、取るべき問題で落とさないことが非常に重要です。僕もそうしていましたし、生徒さんにもそう教えています。なので、計算問題は必ず取るべき問題なのです。

でもどうやったら計算ミスがなくなるのか?という質問を多く受けるのですが、まず「数をこなすこと」が絶対条件です。※最低でも3回は繰り返し行いましょう。

またそれに加えて、時間を計って解くことが大切です。時間の目安は、計算問題であれば1問15秒くらいでしょうか。これはあくまで目安なので、自分で調整してくれれば大丈夫です。ぎりぎり解き終わるか終わらないかくらいの時間にしましょう。

 

満点を目指さない

学校のテストでも、上位5%未満しか解けないような問題が必ず出てきます。そこを落としてもたいしたダメージにはならないので、自分の実力でとれる問題で確実に取るように意識しましょう。

少し考えて分からなければ飛ばしましょう。そして、確実に解ける問題を先に解いて時間が余ったら解くようにしましょう。

 

過去問はやったほうがいいの?

慣れるためにも、時間があったらやったほうがいいです。あくまで時間があったら、です。もうやることがない、ワークは考えなくても反射的に解けるようになっている、という状態を一つの目安にしてください。そうでなければワークを繰り返しやったほうがいいです。

 

まとめ

以上のことを徹底してやってもらえれば、80点を下回ることはないでしょう。ただ、大事なのは徹底してやることです。そうすることで、数学への苦手意識もなくなり、基礎力も付くので、必ず入試にもつながってきます。

ただ、まずは目の前の定期テストでしっかりと点数が取れるように全力で上記のことに取り組んでください。

 

【スポンサーリンク】