横浜中華街のランダムウォーカー

みなさんに、役立つ情報を共有できたらと思います。

【スポンサーリンク】

現役塾講師が教える、英語が苦手な人の勉強法!英作文、長文読解などの【定期テスト対策】

【スポンサーリンク】

他の科目は取れるんだけど、英語だけ点数が取れない・・・。

英語って結局センスじゃないの?・・・・、などなど、いろいろと問題を抱えている中学生の方、多くいらっしゃるんじゃないでしょうか?

f:id:apy1526:20180819222340j:plain

 

僕も以前は英語の勉強方法に悩んでいました。

ワークでは解けるんだけど本番でとれない・・・・ということがずっと続いていたからです。

しかし、下記のことを徹底して行うことで、得意科目になり、さらには高校で学年1位を取るまでになりました!

なのでここでお話する内容は、高校生の定期テストでもそのまま使える内容になります

のでぜひ参考にしていただければ幸いです。

  

英語なんて言葉なんだ!やれば誰だってできるようになる!

はい、安河内大先生の言葉です。そのまま引用してしまいましたが、本当にその通りです。ちなみに、以前の記事で、数学が苦手な人はそれを得意科目にするのは難しいと書きました。

www.yoshiki-diary.com

しかし、英語に関してはそうではありません。安河内先生の言葉にある通り、言葉なので誰でも得意科目にすることが可能です。ここでお伝えしたいのは、

英語の点数≒努力の量ということです。

なのでまずは、「英語なんて誰でもできるようになる」というマインドを持つことが大切です。

みなさん、マインドは切り替えましたか?そしたら、さっそく具体的にどう点数をとっていくかを、リスニング、文法、英作文、長文の順にお話します。

 

リスニング(90点以上狙う人のみ)

まずはリスニングの参考書を買います。おススメはこちらです。

全て問題形式になっているので、点数に直結しやすいです。やり方としては、普通に問題を解く⇒CDを流し、答えの英文を見ながら、そのCDに合わせてその英文を音読する⇒それが完璧になったら、CDを聞きながらその英文をノートに書く(これをディクテーションと言います。)ここまでできると理想的です。

※ただし、リスニング対策に関しては、時間がかかる、テストで出される英文の内容自体は簡単なものである場合が多い、配点は多くても20点程度なので、時間がある人だけで良いです。

  

文法

学校で使っているワークがあると思うので、参考書は特に買う必要はありません。

点数が上がらない人ほど、市販のワークを買って満足して終わっています。

勉強は【一冊を深く】が基本です。

勉強方法はシンプルで、ワークをノートに3回繰り返し解く、です。ここで大切なのは、答えが分かっていても3回解くことです。

 

 

英作文(90点以上狙う人のみ)

上記、文法の勉強の仕方をそのまま実践するだけでも英作文の力は身に付きますが、さらにつけたい場合、学校のワークに例文集があるのならその文章の日本語を見て英文を書けるようにする。また、それがない場合には並び替え問題・穴埋め問題を、選択肢、周りの英文を見ないで解く、ということをすると自分で英文を書く力が身に付きます。そうすることで、自分の中で英文のストックが増えるので、自由英作文でも自分の言いたいことをしっかりと英語で書けるようになります。

 

長文

教科書の英文を読んで、それを日本語のようにすらすら訳せるようになるまで繰り返します。また、その過程で訳せない単語ができたら単語帳に書いて、英語の勉強を始める前に必ず見てから英語の勉強を開始するようにします。

長文は【単語+慣れ】が大事になってきますので、上記のことを徹底的に行います。

そうすることで、教科書本文以外が出てきても解けるようになります。

 

まとめ

英語の勉強を簡単にまとめると、学校のワークを3回繰り返し、教科書の本文を完璧に訳せるようにする!そうすることで80点は取れるようになります。

また、90点以上を目指す場合はこれに加えて上記のようにリスニング対策、英作文対策をします。

英語の点数≒努力の量です。数学と違ってセンスはいらないです。勉強が苦手な人にこそがんばってもらいたいので、ぜひこの記事を参考に高得点を取ってください♪

【スポンサーリンク】