横浜中華街のランダムウォーカー

みなさんに、役立つ情報を共有できたらと思います。

【スポンサーリンク】

【受験生必見】現役塾講師が教える、高校受験合格に向けての勉強法!勉強計画から問題集・過去問の解き方まで

【スポンサーリンク】

f:id:apy1526:20180823204049j:plain

高校受験の情報っていろいろありますよね。このサイトを見てくれている人の中にも、塾に通っている人、いない人、様々だと思います。

みなさんの時間を奪ってしまってもよくないと思うので、先に言っておきますが、塾に通っている人はその塾で言われた通りにして下さい。塾というのはそれぞれ、合格に向けてのメソッドをしっかりもっているので、言うとおりにすることが一番合格に近づきます。

なので、塾に通っていない人に向けてお話します。

 

 

 

志望校っていつ決めればいいの?

遅くても夏休み中ですね。入れる入れないは別にして、ここで決めておかないととても大切な夏休みの勉強に身が入らないですし、ここで志望校を決めることで、合格に必要な点数がある程度分かります。その点数によって各科目のかける時間を調整する必要があるので、夏までには決めておきたいです。ただ、ホントは早ければ早いほどいいです。

 

模試の上手な使い方は?

 

よく、模試を受けた後は復習をしろと言われますが、2から3回目まではしなくていいです。なぜなら、その時期は模試のような難しい問題を解く必要はなく、基礎力を伸ばす時期だからです。

なのでここで見るべきは自分の得意科目、不得意科目です。合格点から逆算して、また得意科目、不得意科目も加味して各科目何点取るのかを決めていきます。そうった意味でも、夏まで、とは言わず、志望校を決めるのは早いほうがいいです。

 

おすすめの問題集は?

こちらの、新研究という教材がお勧めです。というか、これと各県の過去問だけで受験は十分乗り切れます。過去問は、各問いに正解率が記載されているものを購入します。

成果の出ない子ほど、いろんな教材に手を出しがちです。

1つの教材を深くやりきるが基本です。

www.sing.co.jp

過去問はこの出版社がお勧め↓

 

夜型がいいの?朝型がいいの?

一般的には朝のほうが勉強効率がいいので、夜型の人は朝型に直してください。ただ、この記事を見たのが入試直前(一か月以内前)の場合は今更直す努力はせずに、そのまま入試に突き進んだほうがいいです。

 

勉強計画はどう立てればいいの?

f:id:apy1526:20180823204800j:plain

以下の通りにすれば大丈夫です。まず、夏までは部活と定期テスト対策に集中していればいいです。受験勉強は夏休みからでオッケーです。あまり早く始めても集中力が持ちません。

 

夏休み中

お持ちの教材の基本的な分野(上記の教材でいう、整理編)を3回繰り返してください、それだけでいいです。午前中3時間、午後4時間の計7時間やればやりきれるはずです。もし分からない問題があっても数分経って分からなければ答えを見てやり方を覚えましょう。それを繰り返していけば自然とその理屈も分かってきます。とりあえず3回は繰り返しましょう。これは必ずやりきってください。

 

夏休み後~冬休みまで

まだ定期テストもあると思うので、そのテストの10日前までは受験勉強をメインに行いましょう。

夏休みで、一通りの基礎は身に付いたと思うので、実践的な応用問題も解いていきます。そこで躓いたら、その躓いた基礎単元にもどって復習します。ここで応用力の強化+弱点の克服を行います。

また、模試を数回受けていると思うので、そろそろ具体的にどの科目で何点取るのかを決めましょう。例えば数学で60点取ればいいのであれば、応用問題なんて解かずに、基礎問題を繰り返し解けばいいのです。

夏休み以降は、科目よって勉強の濃淡を付けることが大事です。

 

冬休み以降

過去問に取り掛かるのですが、ただ取り組んだだけでは効果半減です。

しっかりと成果がでる、過去問の解き方をお教えします。

過去問の解き方

まずは必ず時間を計って解くこと+制限時間₋5分で解くことをお勧めします。そのあと、間違えた問題の復習を必ず行います。

ただ、各問いに正解率が書いてあると思うので、60点取ればいい科目に関しては、正解率が50%未満の問題は無視します。また、目標点が90点未満であれば、正解率が10%未満の問題は無視します。

英語に関しては、かならず長文問題の全訳を行い、分からなかった単語は単語帳に書き留め、英語の勉強を始める前と寝る前に暗記するようにします。

 

過去問と問題集のバランス

この時期に大事なのは、過去問だけに勉強を集中させないことです。50:50くらいの比率がいいです。

分かりやすいように、今日は過去問の日!今日は問題集の日!と分けたほうがいいです。

 

入試前日&当日の過ごし方

入試前日

前日は、いつも通り過ごしてください。いつもより早く寝るとか、いつもより遅くまで勉強するとかは無しです。

特に、遅くまで勉強するとか愚行です。いまさら勉強しても変わりません。いつも通りの生活をして、いつも通りの成果が出せるようにすることに力を入れてください。

 

入試当日

直前まで勉強したくなる気持ちも分かりますが、ここは焦るだけなので、会場でするのは、単語帳だけ見て確認とか、地理の都道府県を確認するとか、その程度にしておきましょう。

 

では、みなさんの合格を祈っています。

 

 

 

【スポンサーリンク】