横浜中華街のランダムウォーカー

みなさんに、役立つ情報を共有できたらと思います。

【スポンサーリンク】

ノアコインが基軸通貨となる取引所がCEZA(フィリピンカガヤン経済特区)に設立!

【スポンサーリンク】

◆ノアコインが基軸通貨となる取引所がCEZA(フィリピンカガヤン経済特区)に設立

◆フィリピンのドゥテルテ大統領が「フィリピンは仮想通貨大国を目指す方針」と発表

◆現在、CEZAには世界中の大企業から問い合わせが殺到中

 

f:id:apy1526:20180830012023j:plain

出展:フィリピン世界初クリプトバレー目指す - グノシー

 

これはかなりの大ニュースで、これに伴い、一時期1ノアコイン0.1円だったものが、現在0.25円(8/30、24:00現在 )と急上昇。

このニュースがどれほどのインパクトがあったかを示しています。

では、具体的にどこら辺がすごいのかを解説していきます。

 

CEZA(フィリピンカガヤン経済特区)とは

フィリピンが、フィンテックの中心地として機能することを目的に設立されたもので、開放的な市場制度で知られている。一方、厳しい規制やライセンス制度を設けることで、より安全性を高め、シリコンバレーならぬ、クリプトバレーを目指している。実際に、フィリピンのドゥテルテ大統領も、「フィリピンは仮想通貨大国を目指す方針」と発表している。

また、最大25社の仮想通貨取引所にライセンスを発行すると分かっているのだが、その1つが、ノアコインを基軸通貨とする取引所なのである。

 

基軸通貨とは

一般的に法定通貨の場合は、「各国の金融取引の際に、基準として用いられる通貨」のことです。この場合は米国ドルでしょうか。よく【1ドル〇円】という表現を目にすると思いますが、それは、米国ドルが法定通貨では基軸通貨として機能しているからです。

仮想通貨での世界でも、若干意味合いは異なりますが基軸通貨というものは存在しています。みなさんもよくご存じのビットコインだったり、イーサリアムです。

ビットコインやイーサリアムは、ほかのコインの基準として用いられる、というよりは、これらで他のアルトコインを購入できるという意味で基軸通貨と呼ばれていることが多いです。

また、売却する際も、そのアルトコインをドルや円に換えるのではなく、一旦ビットコインやイーサリアムに交換してから法定通貨に交換します。

なので、仮想通貨の世界での基軸通貨というのは、購入する際も、売却する際も必要になってくるので、それだけでも大きな需要があるということが言えます。

 

この発表の結果、ノアコインはどうなるのか?

まずはこちらご覧ください↓上昇率で絞ってます。

f:id:apy1526:20180830005024p:plain

上昇率は1位!そして時価総額ランキングでは85位となり、100位を切りました!!

あまりよいとは言えない地合いの中、これは期待の表れですね。

 

どこに期待しているかというと、やはり仮想通貨大国を目指しているフィリピンで、その中でも仮想通貨に力を入れている経済特区に、ノアコインを基軸通貨とする取引所が設立されたことにあります。

 

この取引所でノアコインが基軸通貨としてビットコインやイーサリアムのように使用される⇒ノアコインの需要が増える⇒価格上昇

という流れが見えたため、大量に買いが入り現在大暴騰しているのだと考えられます。

なにせ、他のコインを買うのにノアコインが必要になるので、それは需要が増えますよね。需要が増えればもちろん価格は上がるわけです。

 

数々の企業と提携したり、最近ではCoin Paymentsでノアコインが使用可能になったり、coin sodaに上場したりと、地盤固めはしっかりと行っており、ノアコイン普及のインフラ整備はどんどん進んでいます。なので、上がり下がりを繰り返しながらしっかりと上がっていくのではないかと思います。

参考ノアコイン提携企業一覧&プロモーションまとめ

 

将来性抜群のノアコイン、どこで購入すればいいの?

◆取引所一覧

  • Livecoin
  • COINSWITCH
  • Changenow
  • Changelly
  • MERCATOX
  • BTC-Alpha
  • Yobit

現在は主に上記取引所で購入できます。

この中でも最も簡単に購入できるのは【Changelly】ではないでしょうか。

Twitterやノアコイン公式テレグラムなどでも、Changellyの評判はかなりいいです。

www.yoshiki-diary.com

 

また、ノアコインは法定通貨では購入できないので、こちらでビットコイン、もしくはイーサリアムを購入しておきましょう↓

 

 

 

 

【スポンサーリンク】