横浜中華街のランダムウォーカー

みなさんに、役立つ情報を共有できたらと思います。

【スポンサーリンク】

無料でできる、SEO対策入門!初心者におすすめ

【スポンサーリンク】

◆初心者なので専門用語とか全くわからない

◆小難しいツールなどをなるべく使わずにSEO対策したい

◆まずはお金をかけずにSEO対策したい

 

そうった方に向けて記事を書きました。

これを書いている時点でブログを本格的にかいてまだ2か月くらいなので、その経験2か月の僕でも分かるような内容になっていると思います。 

f:id:apy1526:20180903150416j:plain

 

1.SEO対策とは

SEOとは“検索エンジン最適化”と言われており、Search Engine Optimizationの頭文字を取ったものです。簡単に言うと、主にGoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した際に、上位にくるための対策のことを言います。

2.なぜSEO対策が重要なのか

自分で検索した時をイメージしてほしいのですが、みなさん表示されたサイトを上から見ますよね?そして見たとしても2、3ページまで。それ以降のサイトに関してはほとんど見ないのではないでしょうか?

なので、そのサイトでサービスだったり商品を売りたい場合に関しては、なるべく上位に自分のサイトを表示させる必要があるのです。

 

また、オーガニック検索では、自分が欲している情報、商品を特定キーワードで検索しているので、そこから流入したユーザーは、その情報だったり、商品を購入しやすくなります。

一方、広告枠で表示されているサイトは、「1クリックあたり〇円」と広告費がかかりますが、オーガニック検索で表示されているサイトに関してはそういったものは一切かかりません。

つまり、購入意欲が高いユーザーを低コストで獲得できることから、SEO対策の成功≒Webプロモーションの成功と言えるので、個人、企業に関わらずSEO対策に力を入れいるというわけです。

※オーガニック検索・・・検索結果ページに表示されるもののうち、広告枠で表示されるサイト以外の検索結果のこと。

f:id:apy1526:20180903124957p:plain

出展https://sabanavi.com/seo-term/organic-search/

 

3.SEO対策準備編

どのように検索結果に表示される順位が決まるのか?

ここを理解していないと、何をどうやっていいのかが分からないと思います。なので、今後どのようにSEO対策をしていけばいいのかをある程度クリアにしておくためにしっかりと把握しておきましょう。

◆検索キーワードに合わせて抽出

検索エンジンで、ある特定のキーワードが検索されると、そのキーワードにあてはまるサイトが探し出されます。

◆ スコアリング(点数付け)

そこで探し出されたサイトを、さまざまな要素で評価してスコアリングします。ただし、この評価基準は明確に提示されていません。ここでの点数をいかに上げるか、というのがSEO対策、というわけです。

◆検索結果に表示

上記の点数をもとに、点数の良い順に検索結果ページにサイトが表示されます。

 

3-1どのようにしてスコアリングされるか?

先ほども書きましたが、この点数をいかに上げるかが、SEO対策の最も重要な部分です。SEO対策は、細かく分けると、【内部SEO】と【外部SEO】に分けることができます。

ただ、外部SEOのメインは「他のサイトから被リンクをもらうこと」になります。これに関しては内部SEOに力を入れれば自然と達成できるものなので、ここでは内部SEOに関してお話します。

3-2内部SEOとは?

サイト内でのSEO対策のことです。様々な要素が複雑に絡み合っているのですが、一般的にはコンテンツパワーとサイトパワーによって決まります。 

 

◆コンテンツパワーとは?

記事そのものの価値のこと。特に重要視されるのが以下の4点です

  • キーワード選定
  • 段落構成
  • 文字数
  • その記事の滞在時間=記事の質

ただ、SEOに必要な対策ははっきりと公開されている訳でなく、また年々変わってきているので、常に最新の情報を手に入れてそれによって自分のサイトをアップデートすることが重要です。情報によっては、有用だと思っていたものが、実は自分のサイトの評価を下げていた、ということもあり得ます。なので、しっかりと新しい情報を得たうえで対策をする必要があります。

また、Googleは、会社の理念として10個の理念を掲げています。これらはSEO対策をする上での重要なヒントになってくる部分なのでしっかり押さえておきましょう。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

もちろん最新の情報を手に入れて、それに合わせてサイトをアップデートしていく、ということも重要ですが、より根本的な部分で、【ユーザーファースト】【質の高いコンテンツ】【高い専門性】を意識してサイト運営をしていくことが最も重要です。つまり、そのサイトを見てくれた人にとっていかに有益な情報を適用できるか、ということを常に考える必要があるわけです。

 

◆サイトパワーとは?

コンテンツパワーが記事そのものの価値で、こちらはサイト全体の評価です。主に以下の3点が重要視されます

  • 記事数
  • 更新頻度
  • 運用歴

まあここら辺は当然かなと。記事数、更新頻度は多いほうがいいし、運用歴も長いほうがいいというわけです。

質も高くないといけないし、たくさん更新しないといけない・・・・・ということで兼業のひとははっきり言って大変かな、とも思いますが、例えば平日は60%くらいの出来でもとにかくアップする。そして休日はそのリライトに力を入れる、という流れにすれば更新頻度も高く保てるのではないでしょうか?

 

4.無料でできる具体的なSEO対策10選

4-1キーワード選定(キーワードプランナーを使おう)

◆メリット

・書こうとしているキーワードの需要」があるかが分かる

・狙うキーワード以外にも需要がある「関連キーワード」を見つけることができる

・アクセスが集まるようなキーワードなのかどうかがわかる

  

◆登録方法

まずはこちらにアクセスしましょう↓

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

 

赤字部分の【ご利用開始】をクリックしましょう

f:id:apy1526:20180903134841p:plain

 

実際に料金が発生するわけでは無いですが、ここは2円と入力し、保存します。

f:id:apy1526:20180903134856p:plain

 

その次に出てくる画面をそのまま【保存】します。

f:id:apy1526:20180903135030p:plain

 

ここは実際に広告が出るわけではないので適当に入力します。エラーが出た場合はその注意に合わせて直しましょう。完了したら【保存】をクリック。

f:id:apy1526:20180903135115p:plain

 

保存して【次へ】をクリック。

f:id:apy1526:20180903135305p:plain

 

 

請求先住所の国、タイムゾーン、新規広告主様向けの特典はスルーします。

f:id:apy1526:20180903135348p:plain

 

 

こちらの支払い方法を入力します。

f:id:apy1526:20180903140111p:plain

 

 

利用規約】にチェックを入れて【保存して広告を作成】をクリック。

f:id:apy1526:20180903140154p:plain

 

こちらの画面が表示されるので、【管理画面を見る】をクリック。

f:id:apy1526:20180903140328p:plain

 

【開始】をクリック。

f:id:apy1526:20180903140425p:plain

 

そのあとは指示に従って次へ、次へをクリック⇒【閉じる】をクリック。

f:id:apy1526:20180903140500p:plain

 

画面左側にある【キャンペーン】をクリック。

f:id:apy1526:20180903140549p:plain

 

料金の発生を防ぐために、この【緑色のボタン】をクリック。

f:id:apy1526:20180903140647p:plain

 

ここで、【一時停止】をクリック。

f:id:apy1526:20180903140750p:plain

 

こちらの画面で、一時停止になっていればオッケーです。

f:id:apy1526:20180903140822p:plain

 

右上の【ツール】をクリック

f:id:apy1526:20180903140905p:plain

 

【キーワードプランナー】をクリック。

f:id:apy1526:20180903141257p:plain

 

【キーワードを検索】をクリック。

f:id:apy1526:20180903141335p:plain

 

ためしに、【SEO】【キーワード】と入力してみます。

f:id:apy1526:20180903141409p:plain

 

このように表示されるので、目的のキーワードを探します。

そうすると、このキーワードの競合性は【低】となっています。ボリュームは100~1000ということが分かります。

f:id:apy1526:20180903141522p:plain

 

このようにその狙ったキーワードの需要があるのか、また、ライバルは多いのかどうかもわかるので、PV数を上げるためのキーワードを見つけ、自分のブログにアクセスを集めるためには非常に効果的なツールと言えます。

 

4-2文字数

ただ単純に長ければいいというものではないですが、800~1,000文字程度あればある程度の質は担保されていると認識されやすいようです。ただ、競争率の高いキーワードの場合は4000~5000文字程度は最低必要になってくるようです。

なので、キーワードプランナーで目的のキーワードを検索し、競争率が低ければ2000文字程度の記事でもある程度勝負はできますが、競争率が高いキーワードであれば、最低でも4000文字以上の記事を作成しましょう。

 

4-3タイトルの文字数

狙っているキーワードを必ず含め、なるべく前方に配置して30文字程度に抑える必要があります。

なぜなら、スマートフォンからの検索では約20文字程度までしか表示されないので、省略されてもキーワードがしっかりと確認でき、かつ内容が分かるようなものにする必要があるからです。

 

4-4段落構成

ここで意識するのは、読者が見やすい段落構成になっているのか、また各見出しに狙ったキーワードや、関連語句が入っているかです。

具体的に言うと、見出しを見ただけである程度書いた記事の内容がまとまっているようなものがベストです。

単純に読者も読みやすいですし、Googleからの評価も高まります。

 

4-5コピペでの記事作成は絶対にしない

サイト内の文章で、他サイトのコピペで作成したものがあると、Googleからコピーコンテンツとみなされ、評価が下がってしまう可能性があります。また、下手するとアカウント停止もありえます。

ただ、世界中にサイトがある中、全く違うサイトを作成するのは困難と言えるので、多少似ているぐらいであれば問題はありません。他サイトをコピーしてそのまま貼り付けて記事にするのはやめましょうね、ということです。

 

4-6キーワードを総文字数の5%程度散りばめる

ただ、とりあえず入れておけばいい、という訳ではなく、読んでいて不自然ではない程度に散りばめる必要があります。

こちらのサイトでは、任意のキーワードのサイト内での出現率を確認することができるので、これをうまく使って、【不自然でない文章】で、【キーワードを5%】入れられると、上位に表示される可能性が高くなります。

こちらのサイトで、キーワードの出現率をチェックすることができます。

http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

 

4-7誰にでも分かるような文章を書

世界には数多くのサイトが存在しているため、Googleの社員が実際に一つ一つのサイトを見て評価をすることは不可能です。なので、”RankBrain”というシステムを展開しており、その中で、サイト内の文章の意味を理解し、評価していきます。

たまに、明らかに海外のサイトの文章をそのままコピペしたような記事がありますが、ああいった文章ではなく、だれが見ても、不自然なく読めるような文章を書くことを心がけましょう。

その時のコツは、その情報を求めているであろう、一人の人を思い浮かべながら記事を作成するということです。Googleからの評価も高まりますし、そのサイトで商品を販売しているのであれば、購入確率も高まるでしょう。

 

4-8いきなりビッグワードを狙わない

キーワードの話をするときによく「ビッグワード」という言葉が出てきますが、これは特に検索回数の多いキーワードのことを指します。

このワードを使った記事が上位表示された場合には毎日かなりのアクセスが見込めますが、一方ライバルも多いです。しかもそのライバルは、有名企業であったり、プロのブロガーであったりするので、初心者がビッグワードで検索結果の1ページ目にくることは至難の業と言えます。

その対策として、まずは複合キーワードで上位表示を目指す方法があります。

 

前述のキーワードプランナーでキーワードを調べてみます。

そうすると、例えば【SEO】【ホームページ】だと競合性は【強】になっています。

f:id:apy1526:20180903143222p:plain

 

ただ、似たようなキーワードで【SEO】【サイト】と入力してみると競合性は【弱】となっています。

f:id:apy1526:20180903143534p:plain

このように、最初からビッグワードを狙うのではなく、複合キーワードで競争率が低いキーワードを狙っていくのがいいのではないでしょうか。

 

4-9毎日更新する

これは前述した、サイトパワーを強める効果があると考えられます。一般的に、アクセスが増えると言われる目安は、100記事です。それもできれば1日1記事を3か月が理想です。これは更新され続けているサイトをより上位に表示する傾向があるからです。

また、3ヶ月続くブログは70%、1年間続くブログは30%、2年間続くブログは10%と言われています。つまり3か月続ける前にやめる人が30%もいるわけです。しかもその中でも1日1記事を実行できている人は少ないと思います。なぜなら、1日1記事を3か月続けられれば文章を書く体力も付きますし、結果(PV数)も出てくるからです。

なので大事なのは、何度も言いますが1日1記事を3か月、100記事になるまでは頑張って続けることです。難しいことは考えず、まずは継続しましょう

 

4-10内部リンクを作成しよう

内部リンクとは、自分のサイトの他の記事のページを行き交うためのリンクになります。

 例えばあなたがAという記事を書いた場合、記事の中にBという記事のリンクを貼り付けたり、ヘッダー、フッターにCという記事のリンクを貼りつけることがあると思いますが、これを内部リンクと呼んでいます。

これを行うことで、自分のブログに訪れてくれたユーザーがAという記事だけでなくB,Cという記事も見る可能性が出てくるので、前述のコンテンツパワーを高める要素である、【滞在時間】を伸ばすことによってブログの評価を高めることができます。

 

まとめ

なるべく専門用語は使わず、分かりやすいようにまとめてみました。みなさんのご参考になれればと思います。

 

 

【スポンサーリンク】