横浜中華街のランダムウォーカー

みなさんに、役立つ情報を共有できたらと思います。

【スポンサーリンク】

水槽用フィルター(ろ過器)のろ過力比較と特徴・性能一覧

【スポンサーリンク】

この記事をまとめると・・・

◆飼いたい熱帯魚(観賞魚)に適切なフィルターが分かる

◆自分に飼育スタイル合ったフィルターが見つかる

◆そもそもどんなフィルターがあるのかが分かる

 

そんな内容になってます。

上記のような悩みが一気に解決できるような内容になっているので、ぜひご覧くださ

い。

また、基礎的な知識がまだあやふや・・・というかたはこちら↓

 

www.yoshiki-diary.com

 

  

よく使われる熱帯魚用フィルター5種類比較

 

フィルターには何種類かありますが代表的なものが以下の5種類です。

・上部フィルター

・外部フィルター

・外掛けフィルター

・底面フィルター

・投げ込みフィルター

 

ろ過能力、扱いやすさ、価格、見た目を表にするとだいたいこんな感じです。

f:id:apy1526:20181014222414p:plain

 次に、各フィルターの特徴を細かく見てみます。

 

上部フィルター 

水槽の上部に置くタイプのフィルターです。ろ過力、扱いやすさ等、一番バランスの取れたフィルターです。

 

◆メリット

・ろ過槽が広く、たくさんろ材を入れられるので、ろ過能力が高い

・ろ過槽が空気に触れるので、酸素を取り込みやすい

・ろ材の洗浄、交換が簡単

・比較的安価なものが多い

 

◆デメリット

・水槽の上部に置くので、見た目が悪い

・ろ過槽が空気に触れるので二酸化炭素が逃げやすい(水草水槽には向かない)

・オールガラス水槽には設置できない場合がある

 

◆上部フィルターが向いている飼育スタイルは?

生体メインで、かつそこまで見た目を気にしたいのであれば、上部フィルターで問題ないでしょう。

水草に関しても、アヌビアスナナなど丈夫な種類であれば問題なく入れることができます。

始めて熱帯魚を飼育する方におすすめフィルターです。

 

◆おすすめの上部フィルターは?

こちらのGEX デュアルクリーンがおすすめです。

ろ過層が自社比で1.5倍と広くなっている点と、通常のろ過層に加えて、ろ材を入れる小さなろ過層が付いており、そこにもろ材を入れることができます。また、モーターが水中にあるので、モーター音が気になることもありません。

値段が3000円を切るのも魅力ですね。

GEX デュアルクリーン 600 SP 淡水・海水用 50/60Hz共用 60cm水槽用 上部フィルター ジェックス 関東当日便

価格:2,648円
(2018/10/18 23:49時点)
感想(242件)

外部フィルター

水槽の外に設置するタイプのフィルターです。水草水槽によく用いられます。

 

◆メリット

・ろ過槽が水槽外にあるので、水槽内がすっきりする

・ろ過がすべて水中で完結するので二酸化炭素が空気中に逃げることがない

・ろ過槽が大きいので、ろ過能力が高い

・ろ過槽が大きいので、目的によって様々なろ材を入れられる(コケの発生を抑制したり、生物ろ過に力を入れたり)

 

◆デメリット

・ろ過槽の掃除をするために、ストレーナーなどをいちいち外さないといけないので扱いがめんどう

・価格が高いものが多い

・水漏れトラブルが他フィルターと比べると多い

・パイプ、ホース部分を頻繁に掃除しないと苔が目立つ

 

◆外部フィルターが向いている飼育スタイルは?

ろ過能力自体は上部フィルターとそこまで変わらないので、水草がメインの水槽だったり、見た目をすっきりさせたい場合は外部フィルターのほうがいいでしょう。

特に本格的な水草水槽を作成する場合は外部フィルター一択になると思います。

 

◆おすすめの外部フィルターは?

他の記事では外部フィルターに関してはエーハイム一択と説明していましたが、いろいろ調べて、ADAの外部フィルターも優秀なのでご紹介します。また、見た目という観点ではADA製品の方が優れていると思います。 

www.adana.co.jp

 

ただ、ADA製品はショップでないと購入できないですし、またかなり高価になるので、そういった場合はやはりエーハイム製品をおすすめします。

フィルター本体の見た目にもこだわる場合でなければエーハイムで特に問題ないと思います。また、各種パーツが破損した場合も取り換えやすいです。

あと、やはりこの2ブランド以外の外部フィルターを購入するのはおすすめできないです。安価ではありますが、水漏れトラブルが圧倒的に多いので、そこは、ケチらないでADAかエーハイムを購入しましょう。

エーハイム クラシックフィルター 2213 ろ材付きセット 水槽用外部フィルター メーカー保証期間2年 沖縄別途送料 関東当日便

価格:9,940円
(2018/10/20 10:06時点)
感想(221件)

外掛けフィルター

水槽のふちにかけるようなフィルターです。簡単に設置できるので、気軽に熱帯魚飼育を始める場合に用いられる場合が多いです。

 

◆メリット

・他のフィルターに比べて、ろ材の交換などの扱いが圧倒的に楽

・そこそころ過能力が高い

・比較的安価

・見た目がすっきりしている

 

◆デメリット

・ろ過槽がそこまで大きくないので、大型魚、多数飼育には向かない

・45㎝以上の水槽用のものだと、ろ過能力が劣るにも関わらず上部フィルターと値段がそこまで変わらない

・流れが苦手な魚種には向かない

 

◆外掛けフィルターが向いている飼育スタイルは?

見た目はすっきりしてますが、ろ過能力はそこまで高くないので、小さめの水槽で、かつ小型魚を少数飼育するのであれば外掛けフィルターがぴったりなのではないかと思います。

また、セッティングだったりろ材の交換も簡単にできるので初心者でも扱いに困ることは無いでしょう。

なので、初心者の方が、気軽に、小規模で熱帯魚飼育を始めるのに向いているフィルターだと言えます。

 

◆おすすめの外掛けフィルターは?

こちら、GEXのスリムフィルターがおすすめです。他メーカーの外掛けフィルターだと、かなり大きいサイズでない限り、だいたいろ材を一つしか入れられないのですが、このフィルターはろ材を複数入れられます。

そうすることでろ材の交換時期を分けることができるので、一気にバクテリアが減ってしまうことを防げます。

また、外掛けフィルターでは珍しい、生物ろ過専用の交換ろ材も販売されています。

こういった様々なメリットがあるにもかかわらず値段もお手ごろなので、おすすめです。

GEX スリムフィルター M 淡水・海水両用 水槽用外掛式フィルター 関東当日便

価格:1,368円
(2018/10/20 23:57時点)
感想(48件)

投げ込みフィルター

その名の通り、水槽内に直接入れて使用するフィルターです。手軽さが魅力です。

 

◆メリット

・エアポンプやコンセントにつなぐだけなので、設置が楽

・本当に様々な種類があるので、用途に合わせて使い分けられる

・エアポンプにつなぐタイプであれば、大きなエアポンプが一つあれば、それを分岐させてたくさんの水槽に投入することができる

・場所を取らないので、サブフィルターとしても使える

 

◆デメリット

・ろ過能力は高くないので、少数飼育でないとメインフィルターとしては頼りない

・水槽内に投入するので見た目が悪い

・フィルター自体は安いものもあるが、そういったものはエアポンプにつながないといけないものが多いので、合計の値段はそこまで安くない

 

◆投げ込みフィルターが向いている飼育スタイルは?

 ろ過能力はそんなに高くないので、小さめの水槽で、かつ小型魚を少数飼育する場合におすすめです。

また、メインで上部フィルター等を使い、サブのフィルターとして使うのもおすすめです。

なので、外掛けフィルターよりも少数での飼育か、もしくはサブフィルターとしての使用で効果を発揮します。

 

◆おすすめの投げ込みフィルターは?

ざっくり分けると、コンセントに直接つなぐタイプと、エアポンプにつなぐタイプの二種類があるので、それぞれご紹介したいと思います。

 

・コンセントにつなぐタイプのおすすめ

こちらの、スペースパワーフィットがおすすめです。

Sサイズであってもろ材が2種類入れられるので、ろ材の交換時期をずらせばバクテリアが一気に減ることもなくなります。

底面式フィルターに連結することもできるので、さらにろ過能力アップが望めます。

水作 スペースパワーフィットプラス M 水中フィルター ポンプ式 関東当日便

価格:1,150円
(2018/10/25 00:38時点)
感想(6件)

 また、下記のようにバクテリアを添加したろ材を含むカスタムパーツなどもあり、用途に合わせてカスタマイズできるのもおすすめできる点です。

水作 スペースパワーフィット専用 バイオカートリッジ 関東当日便

価格:521円
(2018/10/22 22:21時点)
感想(12件)

その他にもろ過面積を増やせるような追加ユニットなど、様々なカスタムパーツがあります。

 

・エアポンプにつなぐタイプのおすすめ

水作エイトニューフラワーDX です。

言わずと知れた名作で、サブフィルターとしても優秀です

本体 水作エイト ニューフラワー DX 水槽用水中フィルター・投げ込み式フィルター 関東当日便

価格:1,050円
(2018/10/22 22:31時点)
感想(106件)

 ・番外編

最近出てきた、KOTOBUKIのアクストフィルターです。見た目もスタイリッシュですし、これ1つで物理ろ過、生物ろ過、吸着ろ過の3つの役割を果たしてくれる優れものです。

※吸着ろ過・・・活性炭やゼオライトなどを用いて、水中のアンモニアや、亜硝酸塩などの有害物質を取り除いてくれるろ過のこと

コトブキ工芸 kotobuki アクストフィルター M 関東当日便

価格:2,718円
(2018/10/22 22:35時点)
感想(0件)

 

底面フィルター

床材の下に設置する板状のフィルターになります。床材全体がろ過材になるので、ろ過能力は高いのですが、あつかいは少し面倒です。

 

◆メリット

・床材全体がろ過材になるので、ろ過能力は高い

・底面のパネルとつなぎ合わせるうことで水槽の大きさに合わせて使用することが可能

・上部フィルター、投げ込みフィルター等、他フィルターとつなげて使うことでろ過能力を飛躍的にアップさせられる

・水草が根を張りやすい

・見た目がすっきりしている

 

◆デメリット

・床材の下に敷くので扱いがめんどくさい

・砂利が小さいと目詰まりする可能性がある⇒砂利の大きさも考えないといけない

・床材をこまめに掃除しないと目詰まりする

・ろ材を入れる場合は、フィルターと砂利の間なので、交換などがしづらい。

 

◆底面フィルターが向いている飼育スタイルは?

生体をメインに飼育したい+ろ過能力もほしい+見た目をすっきりさせたい場合に向いているかと思います。

程度以上の数の魚を飼育する際、水草入れないのであれば上部フィルターか底面フィルターになると思います。すっきりさせたいのであれば底面フィルターになるのですが、ただ、その際に扱いやすさは犠牲にせざるを得ません。

また、吸着系のろ過材を使用しにくいので、初期の水質が安定しない時期をどう乗り越えるかも一つ課題になります。

そこも踏まえた上で検討しないといけません。

 

※吸着ろ過・・・活性炭やゼオライトなどを用いて、水中のアンモニアや、亜硝酸塩などの有害物質を取り除いてくれるろ過のこと

 

◆おすすめの底面フィルターは?

上記の弱みである、吸着系含め、ろ材全般の取り扱いが大変というデメリットをクリアした、スペースパワーフィット+底面フィルターの組み合わせをおすすめします。

また、スペースパワーフィットは、それ自体に水を循環させる機能があるので、エアポンプを別で購入する必要がありません。

水作 スペースパワーフィットプラス S 水中フィルター ポンプ式【HLS_DU】 関東当日便

価格:980円
(2018/10/22 22:11時点)
感想(7件)

 

 こちらのフィルターに、底面フィルターを連結させましょう。別のメーカーのフィルターだと連結できないので注意しましょう。

 

水作 ボトムフィルター M 底面フィルター 関東当日便

価格:798円
(2018/10/25 00:36時点)
感想(3件)

 

まとめ

 ◆生体メインで、特に見た目を気にしないなら上部フィルター

◆水草メインなら外部フィルター

◆小規模で飼育を始めたいなら外掛けフィルター

◆サブフィルターとして使うなら投げ込みフィルター

◆ 生体メインで、見た目を気にするなら底面フィルター

 

 

【スポンサーリンク】