ABYの熱帯魚図鑑

熱帯魚に関する情報を、初心者の方でも、初めて熱帯魚を飼育する方でも分かりやすくお伝えできればと思います。よろしくお願いします♪ちなみにABYとはアクアブロガーよしきの略です(´・ω・`)

【スポンサーリンク】

インディアンスネークヘッドの飼育法(混泳・大きさ・水質など)

【スポンサーリンク】

模様でいうと日本に住んでいる雷魚に近いですが、そこまで大きくならず他のスネークヘッドと比べると若干寸詰まりな印象を受けるスネークヘッドです。体色は地味ですが、丈夫で人工飼料にも慣れやすいので、レインボースネークヘッドと並んで、スネークヘッド飼育の入門種として知られています。

今回はそんなインディアンスネークヘッドに関して説明します。

どこで販売されてるの?価格は?

ある程度大きいショップであっても、スネークヘッドに力を入れているようなショップでないとあまり見かけないかもしれません。ただ、ネット通販を使えば比較的容易に購入できます。価格は10㎝前後の個体で1500~2000円程度です。

 

最適な水温、PHは?

水温は 23~27度程度が理想です。これは、スネークヘッド全般に言えることですが、低水温に強く、高水温に弱い傾向があるので、夏場の高水温には注意しましょう。

水質は弱酸性~中性を好みます。基本的にあまりに酸性に傾かなければ大丈夫です。普通に飼育していれば(サンゴなどを使わなければ)アルカリに傾くことは無いはずなので、酸性に傾きすぎないように注意しましょう。

 

最大サイズと適切な水槽の大きさは?

水槽内だとだいたい30㎝くらいの大きさに成長します。一般的には全長と水槽の縦の幅が同じ程度であれば飼育可能と言われているので、60cm規格水槽(60×30×36)で終生飼育が可能です。

より大きくしたいとかであれば、60×45×45cm水槽だったり、90㎝水槽をおすすめします。

 

寿命は?

約10年です。

 

餌は?人工餌には慣れるの?

生餌を与える場合はめだか、冷凍赤虫、小赤、エビなどになると思います。生餌を与える場合は、栄養に偏りが出ないように、赤虫だけ、小赤だけ、とかではなく、数種類の餌を混ぜて与えたほうが良いです。

もしそれが面倒で、かつランニングコストが気になるという方は、人工飼料に餌付かせた方がいいです。栄養バランスも優れていますし、餌からの病気の持ち込みも防げます。スネークヘッドの中では比較的人工飼料には餌付きやすい種類です。

人工飼料に餌付けたい場合は、まず冷凍赤虫に慣らせる⇒その赤虫のにおいを付けたクリルを与える⇒そのクリルのにおいを付けたキャットかカーニバルを与える。この流れで餌付ければほとんどの個体が餌付きます。

なかなか水面に来てくれない個体はキャット、来てくれる個体はカーニバルという感じで分けるといいです。

上記の方法を試してもなかなか餌付かない場合はこちらの記事【肉食魚・大型魚への人工飼料の餌付け方法まとめ 】をご参考ください。

すでにショップでキャットやカーニバルに餌付いている個体を購入できればベストなんですけどね・・・・。

 

性格は?混泳はできるの?

スネークヘッドは基本的にが荒いので、混泳は難しいと思います。どうしても混泳したいという場合は、導入当初から一緒に入れてあげてください。

もともと飼育している水槽に新しい魚を入れると、すでにテリトリーを形成しているので、より他魚に対する攻撃がひどくなります。

もし混泳させるのであれば、同サイズのチャンナプルクラや、ポリプテルスデルヘッジポリプテルスセネガルスなどがいいと思います。

※混泳に絶対はないので悪しからず・・・

 

おすすめのろ過器(フィルター)は?

肉食魚で水を汚しやすいので、ろ過力が高くないぶくぶくだったり、投げ込みフィルターだったり、外掛け式のフィルターはあまりお勧めできません。ろ過力の高い上部フィルターだったり、外部式フィルターをお勧めします。また、60㎝までの大きさの水槽を使用し、かつ細かく低床を掃除できる自信がある方は底面フィルターでもいいと思います。

 

インディアンスネークヘッドの飼育法まとめ

たしかにレインボースネークヘッドなどと比べると若干地味な印象もありますが、あまり大きくならないにも関わらず大型魚の迫力が楽しめるので、『大型魚を飼育したいけど費用的にもスペース的にも難しい・・・』という方にはおすすめです。

【スポンサーリンク】