ABYの熱帯魚図鑑

初心者の方でも、初めて熱帯魚を飼育する方でも分かりやすくお伝えできればと思います。よろしくお願いします♪ちなみにABYとはアクアブロガーよしきの略です(´・ω・`)

60㎝水槽で日本淡水魚を飼育するのに必要な用品とその値段は?

日本淡水魚って魅力的ですよね。身近な存在だし、でも詳しく調べると奥が深かったり。面白そうな種類がいたり・・・。

そんなこんなで飼育してみたい日本淡水魚がいて、その飼育方法が分かったとしても、「じゃあその個体を飼育するために必要な用品って何?」とか「合計でいくらかかるの?」とかは非常に気になるところかなと思います。なので今回は、標準的な大きさである60㎝水槽で日本淡水魚を飼育する場合に必要な用品とその値段に関して解説していきます。

 

 

 

60㎝水槽で日本淡水魚を飼育するのに必要な用品とその値段は?

ざっくり言うと、以下のものが必要になります。

 

・水槽

・水槽台

・フィルター

・ライト

・水温計

・砂利

・魚をすくう網

・水替え用のホース

・カルキ抜き等の水質調整剤

・飼育する熱帯魚用の餌

 

こんなところですね。

値段に関してですが、だいたい16000円~37000円くらいの幅がありますなんでそんなに差が出るのかに関しては後ほど説明します。

今回はcharmで購入した場合で考えています。総額5980円以上の購入で送料が無料になりますし、アフターケアもしっかりしているのでおすすめです。

 

水槽のセット(約10000円)

水槽やフィルターを単品で購入するよりも、お得になっている場合が多いですし、何より細かく選ばなくてもいいので楽というメリットがあります。また、どうせセットを買うならフィルターもライトもセットのものを買いましょう。なのでここでの10000円というのは、ライトも入ったセットを購入した場合の値段になります(ライトもフィルターも付いて10000円ってホントに安いですよね)。

60㎝水槽のセットだと、10000円位出せばまあ変なものは掴まないでしょう。もしどれを買うべきか迷ったら、上部フィルターが付いているセットを買いましょう。外掛けフィルターだとろ過力が不安ですし、外部式フィルターだと扱いがめんどうです。ライトは何でもいいです。

 

↓60㎝の水槽セットを探してみる↓

チャーム本店

水槽台(3000~20000円)

なんでこんなに価格差があるかというと、まあ理由は簡単でスチール製水槽台であれば、かなり安く購入できますが、木製水槽台だと一気に高くなるからです。ここでいう木製水槽台というのは、プリント化粧板を貼っておしゃれっぽく見せている水槽台のことではなく、特にプリント化粧板などが貼られていない、木材がむき出しにっている水槽台のことを指します。

実際見ればすぐに分かると思いますが、ネットだとなかなか見分けにくいかもしれません。見分けとしては一つは値段ですかね。60㎝水槽の木製水槽台で10000円を切ることはほぼないと考えましょう。あと、プリント化粧板が使われている商品は【木製水槽台】ではなく【木目水槽台】として販売されていることが多いです。ここらへんで見分けましょう。

 

水温計(約150~1000円)

まあぶっちゃけなんでもいいんですけど(笑)、状態が悪いときに、一つの指標としてあると便利かなくらいです。

 

砂利(3~5kgで約1000円~2000 円)

日本淡水魚を飼育する場合は、その雰囲気を上手く出すために”日本っぽい”砂利を使ってほしいと思います。

じゃあその日本っぽい砂利って何?  という疑問がわくと思いますが、簡単です。田砂大磯砂を使いましょう。特に田砂に関しては【田砂+岩+水草(+流木)】で簡単にきれいな日本らしいレイアウトを作成することが可能です。流木に関しては、確かにおしゃれではありますがアクがでて水槽の水が黄ばんだりして扱いがめんどくさいので個人的にはなくていいかなと思っています。

☆田砂+岩+水草+流木のレイアウト例↓

www.youtube.com

 

魚をすくう網(約100~700円)

こちらに関しては、大きめの個体を扱うことが多くなると思うので、大きめのものをチョイスします。また、網目も細かいほうが魚を傷つけにくいのでおすすめです。

 

水質調整剤(約800円)

カルキ抜きだけではなく、重金属を取り除いてくれたり、また粘膜保護もしてくれるものがいいので、テトラ パーフェクトウォーターなんかがおすすめです。実際に僕も使っています。特に移動時などでは、体表に傷がついて水かび病になりやすかったりもするので、こういった粘膜保護剤が入った水質調整剤を使った方がいいです。

 

餌(300~1000円)

餌に関しては飼育する種類にもよるのですが、タナゴどじょうなどの小さな種類の餌の場合は小魚全般に与えるような餌や、どじょう専用の餌があったりするので、それらを与えます。

また、肉食の日本淡水魚の場合は ひかりクレスト キャットや、ひかりクレスト カーニバルを与えます。

 

水替え用のホース(約1000円)

水を吸い出すだけでなく、砂利の中もしっかり掃除できるのがいいと思います。そうすると300円のとかだと難しいので、1000円くらいはかかります。まあそれで魚の健康がキープできるのであれば問題ないのではないでしょうか。  

 

60㎝水槽で日本淡水魚を飼育するのに必要な用品とその値段まとめ

以上をざっくりまとめると以下のようになります↓

用品名 値段(約)
水槽セット 10000円
水槽台 3000~20000円
水温計 150~1000円
砂利 1000~2000円
魚をすくう網 100~700円
水質調整剤 800円
300~1000円
水替え用ホース 1000円
合計 16350~36700円

 

最安値で購入すると、これに加えて生体+水草(+上手くいけば岩とかも)を入れても、頑張れば20000円で収まりそうですね。これらをcharmで購入すれば、1日ですべてが揃うのが魅力的ですね。

charmのいいところとしては

①業界大手なので対応・アフターケアが充実している

➁5980円以上の購入で送料が無料

➂豊富な品揃え

ってところですかね。個人的には①と②が大きいですかね特に①に関しては、大きな買い物をするので結構大事ですよね。そんなことで、魚関連の用品を購入するのであればcharmをおすすめします。