ABYの熱帯魚図鑑

初心者の方でも、初めて熱帯魚を飼育する方でも分かりやすくお伝えできればと思います。よろしくお願いします♪ちなみにABYとはアクアブロガーよしきの略です(´・ω・`)

テトラオドンファハカとムブ、飼育するにはどっちがおすすめ??

大型の淡水フグとして有名なテトラオドンファハカとテトラオドンムブですが、2種類とも模様も何となく似ていて、しかも両方とも大型になると・・・。 ☆ファハカ↓ ☆ムブ↓ なのでこの記事では2種を徹底比較して、まあ完全にこっちの方がいい!!とかはないので…

テトラオドンムブの飼育法(餌・混泳・最大サイズ・水温・水質など)

テトラオドンムブと言えば、世界最大の淡水フグとして有名です。また、淡水フグの中では珍しく、頑張れば他種とも混泳できるかもしれないフグです(笑)。 今回はそんな世界最大の淡水フグ、テトラオドンムブの飼育法に関して解説します。 どこで販売されてい…

【実例多数】スネークヘッドの色揚げ方法まとめ

スネークヘッドって美しいですよね。そしてどうせ飼育するならその美しさを最大限引き出してあげようと思いますよね? 僕もそう思います。ただ自分が理想としている色を引き出すことはなかなか難しいです。僕も現在3匹のスネークヘッドを飼育しているのです…

パカモンキャットの飼育法(餌・混泳・大きさ・水槽サイズなど)

みなさん、パカモンキャットというナマズをご存知でしょうか?チャカチャカにも似ていますが、本種のほうが大きくなります。つぶれた頭がチャームポイントの大型ナマズです。 以前はブリード個体がよく出回っていたそうですが、最近はあまり見なくなってしま…

ゴールデンレオパードタティアの飼育法(寿命・餌・混泳・繁殖など)

大きな目が特徴的な小型ナマズの仲間です。青っぽい体に黒点が入る美しい種類です。そうった特徴から、ブルーレオパードタティアとも呼ばれています。単純にレオパードタティアとも呼ばれたりもします。 また、水槽内での繁殖も狙える種類です。 今回はそん…

チャカバンカネンシスの飼育法(餌・水質・水温・最大サイズなど)

けっこう前の記事でチャカチャカの飼い方に関して書きましたが、今回はこのチャカチャカに似ているチャカバンカネンシスの飼育法に関して解説します。 まあ大きさ以外は基本同じですけどね(笑) どこで販売されているの?値段は? 寿命は? 適切な水温・水質…

パロットファイヤーシクリッドの飼育法(繁殖・大きさ・色揚げ方法など)

おちょぼ口を持ったかわいい風貌ときれいな発色から、大型魚のタンクメイトとして飼育されることが多いパロットファイヤー。また、人によくなつくのでタンクメイトとしてだけでなく、メインとして飼育しても面白い種類です。 今回はそんなパロットファイヤー…

【30㎝キューブ水槽】バーミーズレッドフィンスネークヘッド飼育日記➂

前回の更新が6月だったので、そこから約2ヶ月経った感じです。一時期t夏バテで少し元気がない感じでしたが・・・最近は回復したようなので、よかったです。 そんなわけで近況報告します。 水槽スペック 最近の様子 見た感じんまり変わらないけど大きくなった…

鉄魚/テツギョの飼育法(餌・大きさ・適切な水槽の大きさなど)

鉄魚(テツギョ)は、フナと琉金との交雑種であると、古くからから言われていたが、1935年の松井圭一による実験によって明らかになりました。また、宮城県の魚取沼の個体は、なんと国の天然記念物にも指定されています。そんな貴重っぽい魚がなんと1000円位…

ムギツクの飼育法(混泳・特徴・大きさ・適切な水槽サイズ等)

ムギツク(学名:Pungtungia herzi)は、地方によってはクチボソとも呼ばれ、福井県・岐阜県・三重県以西の本州、四国北東部、九州に分布している日本淡水魚です。オヤニラミやドンコなどの産卵床を襲い、卵を食べた後に託卵するという変わった繁殖形態をもつ…

底面フィルターの本当のメリットデメリット【約1年間使用してみた】

以前、底面フィルターのメリット・デメリットからおすすめの製品まで解説!という記事を書きましたが、この時はまだ実際に底面フィルターで飼育をしてからそんなに時間が経っていなかったので「実際に使ってみたときのメリット・デメリット」を上手くお伝え…

カラープロキロダスの飼育法(餌・成長速度・病気・性格・水槽サイズ等)

カラープロキダスは、成長とともに腹びれが赤く染まり、尾びれは黄色と黒の縞模様に色付く大変美しい大型カラシンです。また、中国ではアロワナを龍、ダトニオを虎カラプロを鳳凰に例えて飼育している人もいるようです。 比較的温和で草食性が強いということ…

90㎝水槽で古代魚・肉食魚・中型魚を飼育するのに必要な用品とその値段はいくら?

これまで、60㎝水槽と45㎝水槽で肉食魚などを飼育するときに必要な用品とかの記事は書いてきましたが、90㎝水槽に関しても書きたいと思います。 個人的には90㎝水槽が一般家庭で飼育できるギリギリの大きさだと思っています(家族がいる人でも一人暮らしでも…

ピラニアナッテリーの飼育法(餌・混泳・寿命・水質・水温等)

ピラニアと言って一番最初にイメージするのが、この下の画像のような、お腹が赤くなるピラニアナッテリーではないでしょうか。ある程度熱帯魚の知識がある方はご存知かと思いますが、実はピラニアと言っても一種類ではありません。今回紹介するピラニアナッ…

ピクタスキャットの飼育法(混泳・寿命・餌・水温・水質など)

ピクタスキャット(学名:Pimelodus pictus)は、別名ピメロディアピクタスと呼ばれるナマズの仲間です。温和で丈夫なので、昔から入門種として親しまれている熱帯魚です。ただ一方で導入時には病気にかかりやすかったり、素早い動きで混泳相手の餌を奪ったり…

60㎝水槽で日本淡水魚を飼育するのに必要な用品とその値段は?

日本淡水魚って魅力的ですよね。身近な存在だし、でも詳しく調べると奥が深かったり。面白そうな種類がいたり・・・。 そんなこんなで飼育してみたい日本淡水魚がいて、その飼育方法が分かったとしても、「じゃあその個体を飼育するために必要な用品って何?…

トランスルーセントグラスキャットの飼育法(水質・餌・混泳・大きさ等)

始めてその姿を見たときは皆さんびっくりしたのではないでしょうか?ナマズ特有の可愛さを持ち合わせつつ体は透明っていうギャップ・・・。僕はびっくりしました。そして当時何も知らない僕は「透明だし、デリケートそうだから、飼育はさぞ難しいのだろう」…

ハラハラキャットの飼育法(混泳・餌・繁殖・水温・水質など)

ハラハラキャットなのか、ハラジャーデニーなのか、正式名称はどちらか分からないですが、ハラハラキャットとしての方が有名な種類です。 小型で温和で人工飼料にも慣れやすくて・・・ということで大変飼育しやすく、またヒレを広げてちょこちょこ泳ぐ姿が可…

【60㎝水槽】チャンナプルクラの飼育日記⑧

前回の更新から約2ヶ月も経ってしまいました。でも気付いたらもう⑧まできていたんですね。10月くらいにちょうど⑩が更新できるように頑張ります! そして、かなーり久しぶりの更新になります。もしかしたら心配になってくれている方もいらっしゃるかもしれな…

ピンクテールカラシンの飼育法(餌・寿命・混泳・水質・水温など)

中から大型になるカラシンの仲間で、成長とともにピンク色に染まる尾びれが特徴的な種類です。 基本的に餌はえり好みせずなんでも食べ、他種に対しては比較的温和ということで、中~大型魚のタンクメイトとしても飼育されます。 今回はそんなピンクテールカ…

アユカケ(カマキリ)の飼育法~餌・寿命・大きさ・病気・混泳など~

アユカケはドンコと同じように、僕の卒論テーマであったカジカ中卵型の初期生活史のサブキャラとしてよく登場していたので、そういった意味で非常に懐かしい種類でもあります。 また、僕が大学の時に住んでいた福井県では天然記念物に指定されている種類でも…

ドンコの飼育法(大きさ・成長速度・餌・繁殖・水温など)

ハゼの中では意外と珍しい、一生を川淡水域で過ごす種類で、かなり大型になります。またその大きな口が特徴的な、なんともかわいらしいハゼです。 川で捕まえたけど、熱帯魚ショップ見かけていいなと思ったけど育て方が分からない・・・そういった方のために…

バンジョーキャットの飼育法(餌・サイズ・繁殖・水質・水温など)

三味線に似た、バンジョーという楽器にその姿が似ていることからバンショーキャットと呼ばれています。またその扁平な体形はチャカチャカを思い出させますね。ただ大きさはバンジョーキャットの方が小さく、飼育もしやすいかと思います。今回はそんな、癖の…

リーフフィッシュの飼育法(餌・繁殖方法・混泳など)

自然界では枯れ葉に擬態している、面白い姿をした種類です。そういった性質から、水槽内でも水草や流木を入れたレイアウトにすると自然界での姿が垣間見れて飼育していても大変面白い種類です。今回はそんなリーフフィッシュの飼育法に関して解説します。 ど…

90㎝水槽で飼育できる肉食魚・古代魚・中型魚まとめ

ご好評いただいている、〇〇㎝水槽で飼育できるシリーズです。過去に【60㎝水槽で飼育できる!】古代魚・肉食魚・ペットフィッシュまとめ や45㎝で飼育できる古代魚・肉食魚・ペットフィッシュまとめ という記事を書いていますが、「そういえば90㎝水槽verを…

セルフィンキャットの飼育法(混泳・餌・大きさ・水槽サイズ・水温など)

セルフィンキャットは、昔から親しまれている大型ナマズの一種です。入手も比較的容易で、まあ少々気が荒いところもありますが、本種自体は飼育しやすい種類です。ですがウッドキャットとかフラッグテールポートホールキャットと同じように、情報が圧倒的に…

ウッドキャットの飼育法(混泳・大きさ・適切な水槽サイズ・水温など)

大きくくりくりとした目と、ずんぐりとした体型が特徴のナマズです。フラッグテールポートホールキャットと同じようにあまり調べても情報が出てこないので、この記事で詳しく説明していこうと思います。夜行性なので、そんなに昼間は泳ぎまわる種類ではなく…

南米シャークキャットの飼育法(餌・混泳・大きさ・水温・水質など)

サメのような見た目をした、おもしろい姿のナマズです。サウスアメリカンシャークキャットとも呼ばれます。サメっぽいと言えば、カイヤンとかパールンもナマズの仲間なのにサメっぽい姿をしてますよね。なぜかナマズはサメっぽい姿をしている種類が多い傾向…

フラッグテールポートホールキャットの飼育法(餌・混泳・大きさ等)

尾鰭が白と黒のストライプ模様になるり、それが旗(フラッグ)に見えることから、この名前が付けられました。丈夫で温和なため、ディスカス水槽や、肉食魚水槽の掃除屋さんとしても重宝される種類です。また、もちろんメインで飼育しても面白いナマズです。…

ノーザンバラムンディの飼育法(混泳・成長速度・水温・餌など)

ノーザンバラムンディ(Gulf saratoga)は、別名サラトガとも呼ばれる、オーストラリアに生息している古代魚の仲間です。アロワナによく似ていますが、細かく見ると鱗だったり、体型が異なっており、アロワナとはまた別の魅力をもった種類です。また、体色に…