ABYの熱帯魚図鑑

熱帯魚に関する情報を、初心者の方でも、初めて熱帯魚を飼育する方でも分かりやすくお伝えできればと思います。よろしくお願いします♪ちなみにABYとはアクアブロガーよしきの略です(´・ω・`)

ハーコートスネークヘッドの飼育法(混泳・大きさ・水質など)

ハーコートスネークヘッドは、ミャンマー、インレー湖に生息するスネークヘッドです。ドワーフスネークヘッドや、バーミーズレッドフィンスネークヘッドに大きさや模様が似ていますが、本種はインレー湖とその周辺のみに生息する固有種で、ドワーフスネーク…

【60㎝水槽】チャンナプルクラの飼育日記⑥

60㎝水槽に移行してから、ざっと2か月くらい経ちましたね。近況報告をしたいと思います。 水槽スペック(変更有) 最近のチャンナプルクラ // 水槽スペック(変更有) ・水槽⇒60×30×36 ・ろ過⇒ニッソーバイオフィルター(底面フィルター)を水作の水心をつな…

ワイルドベタの飼育法(サイズ・水質・餌・混泳・繁殖など)

ベタと言われると皆さんはあの祭りとかでも売られている赤とか青とかの派手なベタを想像されるかもしれません。 でも実は、そういった派手なベタはすべて品種改良によるものなのです。 今回紹介するワイルドベタは、そういった派手なベタの原種となっている…

ブロンズパファーの飼育法(大きさ・寿命・水質・混泳など)

マンボウみたいで面白い種類です。また、メタリックグリーンに輝く美しいフグでもあります。齧りあいは多少覚悟しないといけないですが、気が荒い淡水フグなの中ではめずらしく混泳可能な種類です。また、人工餌に比較的慣れやすい種類ではあるので、初心者…

【30㎝キューブ水槽】バーミーズレッドフィンスネークヘッドの飼育日記①

先日から、チャンナプルクラに加えてニューレインボースネークヘッドを飼育し始めたわけですが、その時に、バーミーズレッドフィンスネークヘッドの存在を示唆していたかなと思います。先週にやっと導入して、状態も上がってきたのでご紹介したいと思います…

レオパードクテノポマの飼育法(混泳・大きさ・餌・水槽など)

他種に対しては比較的温和で、しかも丈夫で水質にもうるさくないことから、肉食魚のタンクメイトとして人気の種類です。また、それだけでなく、飼育していくにつれて体表の模様大きく変わる、とても面白い種類でなので、メインとしても十分魅力的な種類です…

エレファントノーズの飼育法(混泳・寿命・最大サイズなど)

エレファントノーズ(学名:Gnathonemus petersii)は、その名の通り像のような鼻(のようなもの)を持っていることから、この名前が付きました。その見た目や、動きが面白いので人気がある種類です。よく熱帯魚ショップで見かける種類かと思いますが、意外と…

シノドンティスショウテデニーの飼育法(餌・混泳・大きさなど)

美しいまだら模様を持つ、コンゴに分布している小型のナマズの仲間です。黄色味がかった体表に、黒のまだら模様が入る美しい種類です。まだら模様には細かく密になるタイプと、大柄なタイプが知られています。その美しい色彩と丈夫さ(病気になりづらい)か…

ニューレインボースネークヘッドの飼育法(餌・混泳・大きさなど)

小型のスネークヘッドとして人気の高いレインボースネークヘッドによく似ているスネークヘッドです。別名ブルーレインボースネークヘッドと呼ばれるだけあって、レインボースネークヘッドよりも若干ではありますが青味が強い種類です。飼育法に関してはレイ…

【30㎝キューブ水槽】ニューレインボースネークヘッドの飼育日記

先日アップした【60㎝水槽】チャンナプルクラの飼育日記⑤ で少し触れましたが、ニュー(ブルー)レインボースネークヘッドの飼育を30㎝キューブ水槽で始めました!!基本的にはcharmで購入することが多いのですが、今回は東熱帯魚研究室所で購入しました。 …

ABYのスネークヘッド図鑑※随時更新していきます!

ブログを始めてから、けっこうスネークヘッドの記事って需要あるんだなーと思いました。また、僕自身もスネークヘッドが好きで、その記事を結構書いていたのである程度の記事数がそろってきたわけです。なので僕が書いた記事をメインにスネークヘッドを大き…

フェザーフィンシノドンティスの飼育法(餌・混泳・大きさなど)

美しいまだら模様を持つ、アフリカ産の中型のナマズの仲間です。別名シノドンティスエプタルスとも呼ばれます。その美しい色彩と丈夫さ(病気になりづらい)から人気の種類になります。ただその一方で気が荒いという側面も持ち合わせている種類です。今回は…

シノドンティスアンジェリカスの飼育法(餌・混泳・大きさなど)

美しい水玉模様を持つ、アフリカ、コンゴ川原産の中型のナマズの仲間です。その美しい色彩と丈夫さ(病気になりづらい)から人気の種類になります。ただその一方で気が荒いという側面も持ち合わせている種類です。今回はそんなシノドンティスアンジェリカス…

アフリカンナイフの飼育法(混泳・大きさ・60㎝水槽で飼育可能?)等

大型化するナイフフィッシュの中では、珍しく大型化せず、60㎝水槽で終生飼育が可能な小型のナイフフィッシュです。またそのつぶらな瞳と、鼻から出ている突起物?が可愛いとひそかに人気の種類です。また、ナイフフィッシュの中では比較的温和なところもい…

【60㎝水槽】チャンナプルクラの飼育日記⑤

前回、水草とシェルターを入れてから1か月弱経ったわけですが、状況が少し変わったので、報告します。 水槽スペック(変更有) ・水槽⇒60×30×36 ・ろ過⇒ニッソーバイオフィルター(底面フィルター)を水作の水心をつないでいます ・餌⇒カーニバルとクリル ・…

プロトプテルスアンフィビウスの飼育法(餌・寿命・混泳・最大サイズ)

プロトプテルスアンフィビウスは肺魚の仲間です。アフリカに生息しており、乾期には地中に潜って繭を作り雨季までの期間を過ごすことが知られています。また、大型になる種類が多い肺魚の中の最小種であり、比較的小さな水槽でも飼育可能なので、人気の種類…

オレンジフィンキリーホーリーの飼育法(混泳・大きさ・餌など)

ぺルーに生息する中型のカラシンです。牙魚として人気のタライロンやホーリーの仲間で、比較的大きくならないことから、人気の種類です。また、ヒレの縁や体表がオレンジに発色する大変美しい種類でもあります。今回はそんなオレンジフィンキリーホーリーの…

バーミーズレッドフィンスネークヘッドの飼育法(混泳・大きさ・水質など)

見た目でいうとアイスファイヤースネークヘッドとかドワーフスネークヘッドのベンガルオレンジに色彩が似ている種類です。尾ビレの縁が赤というかオレンジに色づくことから、レッドフィン、オレンジフィンの名称でも呼ばれます。最近輸入されることになった…

トロピランド相模原店に行きました!アクセスや生体・用品を見た感想

先日、トロピランドの相模原店に行ってきました。 特に欲しい魚がいるとかでは無いのですが、ウィンドウショッピング的な感じ?(笑)で行こうかなと思ったわけです。 トロピランド相模原店の基本情報 アクセス 店内の様子 トロピランド相模原店に行った感想…

ブラックゴーストの飼育法(餌・混泳・レイアウト・大きさ・水温など)

熱帯魚ショップに行くと、面白い体型をしていてお化けのような変な動きをしているブラックゴーストを見て飼育してみたい、と思う人も多いかと思います。ただ、そこまで難しくはないのですが飼育方法に若干の癖があるので、すぐに購入するではなく、まずはこ…

スネークヘッドに合う水草10種まとめ

スネークヘッドって水草との【見た目の相性】は抜群ですよね。僕も水草の間を泳ぐスネークヘッドの姿は本当に美しいものがあると思います。でももちろんなにを入れても大丈夫ということはないです。スネークヘッドが抜いてしまったり、そもそもその水草の育…

【60㎝水槽】チャンナプルクラの飼育日記④

先日の60㎝水槽への移動から約2週間たったわけですが、水草を入れたり、砂利を買い足したりといろいろと状況が変わったので、ご報告いたします。 水槽スペック 最近の様子 水草、シェルターを入れて変わったこと めっちゃきれいだから見て!(少しコケがある…

飼いやすい日本淡水魚10種類まとめ

日本淡水魚と聞くと、身近に感じられる人の多いかと思いますが、実際は、どんな種類が飼いやすいのか、またそれらの飼育法に関しては意外と知らない場合もあるかと思います。なので今回は買いやすい日本淡水魚の飼育法に関してまとめました。 タナゴ類 どじ…

電気ナマズの飼育法(大きさ・水槽サイズ・寿命・水質・水温など)

電気ウナギ、シビレエイと並んで、電気を発生させる魚として有名な電気ナマズ(英名Malapterurus electricus、英名Electric catfish)ですが、自宅で飼育できるって知ってました?日本でも飼育環境さえしっかり整えれば問題なく飼育できますし、慣れると餌を…

レッドスネークヘッドの飼育法(大きさ・水槽サイズ・混泳・餌)

レッドスネークヘッド(学名:Channa micropeltes)は、現地では釣りの対象魚として人気があり、また、観賞魚としてはそのコバルトブルーに輝く体表から人気の、大型のスネークヘッドです。スネークヘッドの中でもかなり大型になることから、飼育には覚悟のい…

底面フィルターのメリット・デメリットからおすすめの製品まで解説!

上部フィルターや外掛けフィルターを使用している人は多くいると思いますが、この安価でろ過能力も強い底面フィルターを使用している人は意外と少ないように感じます。僕もちゃんと調べる前はそうだったのですが、何となく『いやいや、こんなの大してろ過し…

スネークヘッド・大型魚・古代魚の拒食症を防ぐ

みなさん、飼育している熱帯魚の拒食に悩まされたことはありませんか?おそらくその経験があるからこそこの記事を見てくれているのかと思います。 この記事を読むことで ・拒食症の原因 ・拒食症になってしまった場合の対策 ・拒食症にならないための対策 が…

ロイヤルトーマンの飼育法(最大サイズ・混泳・餌・水槽・水温・水質)

ロイヤルトーマンは、レッドスネークヘッドと並んでスネークヘッドの大型種として有名なスネークヘッドです。ロイヤルスネークヘッドや、イエロートーマンとかとも呼ばれることがあります。かなり大きくなるので飼育を始めるには覚悟が必要ですが、迫力があ…

インディアンスネークヘッドの飼育法(混泳・大きさ・水質など)

模様でいうと日本に住んでいる雷魚に近いですが、そこまで大きくならず他のスネークヘッドと比べると若干寸詰まりな印象を受けるスネークヘッドです。体色は地味ですが、丈夫で人工飼料にも慣れやすいので、レインボースネークヘッドと並んで、スネークヘッ…

【60㎝水槽】チャンナプルクラの飼育日記③

先日の【45cm水槽】チャンナプルクラの成長日記➁で、そろそろ60㎝水槽に移動したいというお話をしていましたが、早速実現させました。 NEW水槽のスペック 60㎝水槽に移動後の事件×2 そして今朝の様子 ずっと状態よく飼育できているコツとかってあるの? 拒…

【スポンサーリンク】