ABYの熱帯魚図鑑

初心者の方でも、初めて熱帯魚を飼育する方でも分かりやすくお伝えできればと思います。よろしくお願いします♪ちなみにABYとはアクアブロガーよしきの略です(´・ω・`)

スネークヘッドガジョンの飼育法(混泳・大きさ・水温・水質)

たまーに日本に入ってくる激レアな種類で、成長すると体が虹色に輝く大変美しい魚です。スネークヘッドガジョンという名前が付いていますが、スネークヘッドではなくてハゼの仲間になります。別名、タメトモハゼとも言われることもありますが、ここら辺の分類は結構細かく、厳密には別種の可能性もあるので、ここでの明言は避けます。ちなみにタメトモハゼは日本にも生息しており、主に沖縄に分布しています。また静岡県でも発見されています。

まあでもほとんどの人にとっては細かい分類とか分布よりも、この魚の大きさとか、混泳できるのか?とかの方が関心があると思うので、この記事ではスネークヘッドガジョンの飼育法に関して説明していきます。

正直、どこを探してもあまり詳しい情報が載っていなかったので、ショップの店員さんの話と、ネットでの情報と、僕のもともと持っている知識のミックスでお伝えしていきます。 

どこで販売されているの?価格は?

正直、実店舗では今まで見たことがありません。ネットで根気よく探していくしかないでしょう。この記事の執筆時点ではAQUA-Fにいましたが、今はどうか分かりません。そんなにコンスタントに入荷されている種類じゃないので探している方は、見つけたら即買いした方がいいです。

流通している個体は20㎝くらいの大きさのものが多く、価格は15000~20000円くらいです。 

寿命は?

正確なデータはないですが、最大サイズが、同じハゼの仲間であるドンコと同じくらいであるということを考慮に入れると、5~10年くらいだと考えられます。 

適切な水温・水質は?

水温に関しては一般的な熱帯魚と同じように23~28℃くらいをキープできれば問題ないでしょう。まあ白点病予防のために26℃以上あったほうが無難でしょう。

水質に関しても中性付近を保っていれば問題ないですが、あまり酸性に傾きすぎると状態を崩すので注意です。

また、純淡水で飼育可能です。ただ、状態を崩したときは塩を入れてあげるといいみたいです。 

大きさ・適切な水槽のサイズは?

最大サイズは25~30㎝くらいなので、個体によっては45㎝水槽で飼育できるでしょうし、大きくなる個体でも60㎝水槽があれば飼育可能です。

【おすすめ記事】

60cm水槽で古代魚・肉食魚・中型魚を飼育するのに必要な値段はいくら?

45cm水槽で古代魚・肉食魚・中型魚を飼育するのに必要な値段はいくら?  

餌は?人工飼料には餌付くの?

生餌を与える場合は、冷凍の赤虫とか、メダカ、小赤などになると思いますが、慣れさせれればクリルやキャットにも餌付くようになります。

同じくハゼの仲間であるドンコもそうですし、あと釣りをしていても感じるのですが、ハゼって本当に貪欲なので、人工飼料に餌付かせるのは比較的簡単だと考えられます。

それでも、人工飼料をなかなか食べないという場合は、まず冷凍赤虫に慣らせる⇒その赤虫のにおいを付けたクリルを与える⇒そのクリルのにおいを付けたキャットを与える。この流れで餌付ければほとんどの個体が餌付きます。 上記の方法を試してもなかなか餌付かない場合はこちらの記事【肉食魚・大型魚への人工飼料の餌付け方法まとめ 】をご参考ください。

 

 

混泳は可能? 

ハゼにしては珍しく温和な種類らしいので、同じくらいの大きさの種類であれば混泳は可能かと思われます。レオパードクテノポマとかクラウンローチとかフラッグテールポートホールキャットなどとの混泳であれば上手くいく可能性は高いと思われますが、ただ混泳に絶対はないので、そこは頭に入れておいた方がいいでしょう。 

おすすめのフィルターは?

大食漢で水をよく汚すので、ろ過能力は大きめのフィルターがいいかと思います。特に理由が無ければろ過力が大きくて管理も簡単な上部フィルターがおすすめです。

また、夏場の酸欠には弱いので、メインのフィルターに加えて水作エイト水作エイトなどの投げ込みフィルターやぶくぶくをいれてあげるといいです。 

どんなレイアウトにすればいいの?

まず底床に関してですが、基本的に底にいることが多いので、粒が角ばっているようなものは避けましょう。 田砂とかガーネットサンドがおすすめです。 

また、やはり肉食魚で水を汚しやすいので、できるだけシンプルなレイアウトにしてあげた方がいいです。

水草に関しては、植える系の水草は抜かれて終わるので、流木に活着できるアヌビアスナナとかミクロソリウムがいいかと思います。 

飛び出しに注意!

ここはスネークヘッドと似ていますね(笑)

こんなところから?というところからでも飛び出してしまうのでどんな小さな隙間も埋めるようにしましょう。 

スネークヘッドガジョンの飼育法まとめ

実は恥ずかしながらこの種類は最近知りました。そして調べれば調べるほど欲しい!欲しい!という気持ちが強くなってしまったのですが、現在水槽が3つあり、しかも結構いい値段するので、スペース的にも、管理的にも、値段的にもちょっと飼うのは難しいかな、と思っているところです・・・。でも欲しいんだよなー(笑)

この記事を読んでそう思ってくれた人もいるかと思いますが、 ただ、そうは言ってもスネークヘッドガジョンを飼育するのに何が必要で、いくらかかるか分からないという人も多いかと思います。そういった方はこちらの記事【60cm水槽で古代魚・肉食魚・中型魚を飼育するのに必要な値段はいくら? 】をよかったら見てみてください。

www.yoshiki-diary.com