ABYの熱帯魚図鑑

初心者の方でも、初めて熱帯魚を飼育する方でも分かりやすくお伝えできればと思います。よろしくお願いします♪ちなみにABYとはアクアブロガーよしきの略です(´・ω・`)

スネークヘッドにおすすめの底砂は?スネークヘッドの色にまとめます

スネークヘッドだけではなく、底砂に何を敷くのかは皆さんも迷いますよね。

最終的には【お好みで】となるかなとは思いますが、ある程度決めるための基準みたいなものがあった方がいいかと思うので今回はそこら辺を説明していきます。

ちなみに画像はわが家のチャンナプルクラです。

 画像

 

スネークヘッドの体色は底砂によって大きく影響される

餌だったり状態によって変わりますが、【スネークヘッドの色揚げ方法まとめ】でもお伝えした通り、ライトと底砂によって体色が大きく変わります。

基本的に明るめの色にしたいのであれば明るめの底床、暗めのしたいのであれば暗めの底床を使用するといいです。もう少し細かく言うと、黒っぽい底床を使用すると本来持っている色味がより強く出る傾向があります。

ただ一方で、黒っぽくなりすぎて『状態悪いの?』ということになることもあるので、そこら辺が難しいですね。

よって、そのスネークヘッドのもともとの色味によって選ぶ底砂の色を変える必要があます。ちなみに以下に〇系スネークヘッドとして色別に分類してますが、あくまで個人的に分類しているだけなので、正式な分類ではありません。悪しからず・・・。

 

青系のスネークヘッドにおすすめの底砂

青系のスネークヘッドというとブルームーンギャラクシースネークヘッドや、オセレイトスネークヘッドが頭に浮かぶのではないでしょうか?

その名の通り、体が青っぽくなるスネークヘッドを指します。

【関連記事】

www.yoshiki-diary.com¥

こちらの青系のスネークヘッドには、あまり黒が濃すぎる底砂はおすすめできません。青のさわやかさが消えてしまうからです。

個人的にはさわやかさ前回で、薄めの色の底砂を敷くのも好きです(実際僕が飼育しているチャンナプルクラは薄い黄土色っぽい色の過砂利を使用してます)。

種類にもよりますが、真っ青というよりはエメラルドグリーンとかスカイブルーっぽい色を出してくれます。それはそれで美しいです。

そうすると青味も若干薄まってしまうので、迷ったらその中間あたりのガーネットサンドなんかがいいかなと思います。

例えばニューレインボースネークヘッドとかだと、青だけでなく赤も入っており、ガーネットサンドを敷くとその赤も引き出してくれます。

それが逆に嫌な人もいるので(僕とか)、そういった人は色が薄めの底砂を敷くといいでしょう。

◆以上をまとめると・・・

①濃すぎる色はいまいち

➁薄めの色でさわやかにするのもよし

➂(そのスネークヘッドの赤が目立つのが嫌でなければ)ガーネットサンドはおすすめ

・・・という感じですかね

赤系のスネークヘッドにおすすめの底砂

赤系のスネークヘッドでいうと、まあ色味なので人によって見方は変わるかと思いますが、個人的にぱっと思い浮かぶのはレインボースネークヘッドですかね。あとはコウタイレッドとかバーミーズレッドフィンスネークヘッドとかですかね。

スネークヘッドの場合全身が赤い種類ってあまりいなくて、レッドスネークヘッドの幼魚以外はぱっと思い浮かばないですね。

なのでその種の体に入っている赤をより引き立てるにはどうすればいいのかをメインに考えていきます。

扱いやすさとかも含めて考えるとやはりおすすめはガーネットサンドですかね。それ自身が赤っぽいので、それに伴ってスネークヘッドの体色の赤も引き立ててくれます。

あとは扱いはちょっと面倒くさいですが底面フィルターを使用するとかであれば、コントロソイルなどの吸着系ソイルもおすすめです。

たしかにソイルは扱いはちょっとめんどくさいですが、底面フィルターとの併用で高いろ過ろ過力を発揮してくれますし、なによりいい赤を引き出してくれます。

また、青系スネークヘッドの時と違い、薄めの色の底砂を敷いてしまうとさわやかというより単純に色がボケているだけのように見えるのでいまいちです。

好みにもよりますが、逆に思いっきり濃い色の底砂を敷いてしまっても迫力が出ていいかもしれません。

◆以上をまとめると・・・

①薄すぎるのはおすすめできない(さわやかではなく、色がボケてるように見える)

➁扱いが少しめんどくさいけど、そこをクリアできるならソイルはおすすめ

➂困ったらガーネットを買っておけば大きな失敗は無い

④好みにもよります、思いっきり濃い色を選んでもいいかも

 

黒系のスネークヘッドにおすすめの底砂

黒系のスネークヘッドでいうと、これもめっちゃ個人的な意見なのですが、アーモンドスネークヘッドとか、インディアンスネークヘッドとか、コウタイ(レッドではない)

などかなと思います。

いわゆるあまりカラフルではない、日本で言う雷魚のような体色をもつスネークヘッドですね。

こういった種類はその【迫力】が魅力だと思うので、その迫力を存分に生かせるよう黒っぽい、黒目の底砂を敷いてあげるのがおすすめです。

上でも少し話しましたが、扱いが若干面倒ではありますがコントロソイルなどの吸着系ソイルもいいですし、大磯などを使ってもいいでしょう。

また、プレミアムサンド クリスタルブラックなど、思いっきり黒に寄せてもかっこいいと思います。

黒っぽくなりすぎるのがいやだったらガーネットサンドでもいいでしょう。

◆以上をまとめると・・・

①薄い色の底砂はおすすめできない

➁思いっきり底砂を黒くするのもあり

➂少し明るさも残したい場合はガーネットサンド

 

まとめ

まとめると・・・

◆青系スネークヘッド

→薄めの色の底砂orガーネットサンド

 

◆赤系スネークヘッド

→ソイルorガーネットサンド

 

◆黒系スネークヘッド

→黒っぽい底砂orガーネットサンド

 

・・・という感じですかね。つまりスネークヘッドの底砂に迷ったらガーネットサンドを買いましょうということです。

ガーネットサンドを使用すればどの体色のスネークヘッドであっても大きな失敗はないでしょう。

ぜひ参考にしてみてください