ABYの熱帯魚図鑑

初心者の方でも、初めて熱帯魚を飼育する方でも分かりやすくお伝えできればと思います。よろしくお願いします♪ちなみにABYとはアクアブロガーよしきの略です(´・ω・`)

45㎝で飼育できる古代魚・肉食魚・ペットフィッシュまとめ

以前紹介した【【60㎝水槽で飼育できる!】古代魚・肉食魚・ペットフィッシュまとめ 】が非常に好評で、僕の記事の中でも一番アクセスを稼いでくれています(笑)

まあ確かに60㎝水槽と言えば一般家庭でも起きやすいサイズで、そこで古代魚とか肉食魚とかを飼育できるんだったら素晴らしいですよね。

ただ一方で、一人暮らしの方や、これから熱帯魚の飼育を始める方にとっては60㎝水槽でも大きすぎるという場合もあるかと思います。なので今回はそんな方のために、60㎝水槽から一段階小さくした【45㎝水槽】で飼育できる古代魚・肉食魚・ペットフィッシュ・面白い魚などをまとめていきたいと思います。

また、あくまで【単独飼育】の場合で考えています。当然ですが、混泳させる場合はその混泳相手や匹数によって水槽の大きさを調整してくださいね。

 

レインボースネークヘッド

f:id:apy1526:20190624171101p:plain

出展:https://petrear.jp/channa-bleheri/

丈夫で美しく、人にも慣れやすい種類で、スネークヘッドの入門的な種類で非常飼育しやすい種類です。

 

◆価格

2000円前後

 

◆最大サイズ

約20㎝(実際は15㎝くらいで止まることが多い)

 

◆寿命

約5年

 

◆水温・水質

水温は23~28℃くらいを好みます。30℃を超える高水温に注意しましょう。

水質に関しては中性前後を好むのですが、そこまで気にしなくても大丈夫です。

 

◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

生餌を与える場合は冷凍赤虫・小赤・冷凍エビなどをバランスよく与えましょう。人工飼料には比較的慣れやすいです。

 

◆混泳

スネークヘッドは気が荒い種類が多いので、この種類なら大丈夫!とは言えませんが、

ポリプテルスセネガルスポリプテルスデルヘッジとであれば上手くいきやすいです。また、ドワーフスネークヘッドなどの小型のスネークヘッドとの混泳もうまくいきやすいでしょう。

 

◆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

ニューレインボースネークヘッド

ニューレインボースネークヘッドの

出展:https://www.amazon.co.jp/

ブルーレインボースネークヘッドとも言われています。レインボースネークヘッドとよく似ていますが、背びれで見分けることができます。レインボースネークヘッドの背びれの縁はオレンジ色ですが、ニューレインボースネークヘッドの背びれは縁まで青くなります。 そこで見分けます。

飼育法などは同じなので割愛させていただきます。

☆ニューレインボースネークヘッドの詳しい飼育法はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

 ☆飼育日記はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

メコンフグ

f:id:apy1526:20181130102335p:plain

 

美しと可愛さを兼ね備えた淡水フグです。比較的人工飼料にも慣れやすいので、淡水フグの飼育を始めるにはもってこいの種類ではないでしょうか。

 

◆価格

2000~3000円 

 

◆最大サイズ

約20㎝(実際は12~13㎝くらいで止まることが多い)

 

◆寿命

約5年

 

◆水温・水質

水温は23~28℃くらいを好みます。白点病防止のために26℃は下回らないようにしましょう。水質に関しては中性前後を好むのですが、そこまで気にしなくても大丈夫です。

 

◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

生餌を与える場合は冷凍赤虫・小赤・冷凍エビなどをバランスよく与えましょう。人工飼料には比較的慣れやすいです。人工飼料に慣れさせる場合、まずはパファークリルに慣れさせるのがすすめです。そこからカーニバル・キャットに慣れさせていきましょう。

 

◆混泳

気が荒いので不可です。

 

☆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

 

オヤニラミ

f:id:apy1526:20190624173813j:plain

出展:https://www.youtube.com/watch?v=mHmXHx1rH5Y

日本淡水魚ですが、青く美しいエラ蓋をもち、飼っていて非常に面白い魚なのでここでご紹介します。

 

◆価格

2000円前後

 

◆最大サイズ

12~15㎝ 

 

◆寿命

 約10年(けっこう長生きですよね)

 

◆水温・水質

 一応0~30℃の範囲で耐性はありますが、15~26℃くらいを好みます。

 

◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

生餌を与える場合は冷凍赤虫・小赤・冷凍エビなどをバランスよく与えましょう。人工飼料には比較的慣れやすいです。

 

◆混泳

気が荒いので基本不可ですが、 ポリプテルスセネガルスなどの小型のポリプテルスなどとは可能かもしれません。ただ、争うようであればすぐに隔離しましょう。

 

☆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

ドワーフスネークヘッド

f:id:apy1526:20190624175021j:plain

出展:https://store.shopping.yahoo.co.jp/world-rivers-net/ana45.html

丈夫で飼育しやすく、しかも美しい種類です。また、生息地域によって色彩が異なるので、コレクション性も高い種類で言えます。

 

◆価格

 1200~2000円前後

 

◆最大サイズ

約20㎝ 

 

◆寿命

 約5年

 

◆水温・水質

水温は23~28℃くらいを好みます。30℃を超える高水温に注意しましょう。水質に関しては中性前後を好むのですが、そこまで気にしなくても大丈夫です。

 

◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

生餌を与える場合は冷凍赤虫・小赤・冷凍エビなどをバランスよく与えましょう。人工飼料には比較的慣れやすいです。

 

◆混泳

スネークヘッドは気が荒い種類が多いので、この種類なら大丈夫!とは言えませんが、ポリプテルスセネガルスポリプテルスデルヘッジとであれば上手くいきやすいです。また、レインボースネークヘッドなどの小型のスネークヘッドとの混泳もうまくいきやすいでしょう。

 

☆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

インドシナレオパードパファー

インドシナレオパードパファー

出展:https://item.rakuten.co.jp/fish-neos/a9-241221-10/

 

基本的には遊泳性は高くなく、水槽の底でじっとしていることが多い種類ですが、慣れてくると笑ってる?みたいな表情で寄ってきてくれるかわいいフグです。

 

◆価格

2000円前後

 

◆最大サイズ

20~25㎝前後

 

◆寿命

約5年


◆水温・水質

水温は23~28℃くらいを好みます。白点病予防のため、26℃以上をキープしましょう。水質に関しては中性前後を好むのですが、そこまで気にしなくても大丈夫です。


◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

生餌の場合はメダカや冷凍赤虫、冷凍エビなどをバランスよく与えましょう。人工飼料への慣れやすさは、【普通】という感じですね。ミウルスより慣れやすくてブロンズパファーよりは慣れづらいという印象です。人工飼料に慣れさせる場合、まずはパファークリルに慣れさせるのがすすめです。そこからキャットに慣れさせていきましょう。


◆混泳

☆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

  

エレファントノーズ

エレファントノーズ

charmでエレファントノーズを探す

その名の通り像のような鼻(のようなもの)を持っていることから、この名前が付きました。その見た目や、動きが面白いので人気がある種類です。

 

◆価格

 2000~2500円前後

 

◆最大サイズ

水槽内だと約20~25㎝ 

 

◆寿命

 5年以上

 

◆水温・水質

 水温は24~28℃程度を好みます。水質は中性前後を保てば問題ないです。

 

◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

基本的に、人工餌を食べるのに適した形態をしていないので、イトミミズや赤虫といった生餌、もしくはそれらの冷凍飼料が不可欠となります。テトラミンなどの一般的な熱帯魚の餌に餌付けているかたもいらっしゃいますが、人工飼料を一切食べない個体もいるので、必ず生餌、もしくは冷凍赤虫などを用意しておきましょう。

 

◆混泳

同種同士は不可です。ポリプテルスデルヘッジや、ポリプテルスデルヘッジなどの小型ポリプテルスや、バタフライフィッシュ(パントドン)などがいいのではないでしょうか。

 

☆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

ブロンズパファー

ブロンズパファー

 amazonリンクはこちら

マンボウみたいで面白い種類です。また、メタリックグリーンに輝く美しいフグでもあります。また、気が荒い淡水フグなの中ではめずらしく混泳可能な種類です。

 

◆価格

1000円前後

 

◆最大サイズ

約10~13㎝

 

◆寿命

3~5年

  

◆水温・水質

水温に関しては22~28℃くらいを好みますが、白点病を防ぐためにも26℃以上をキープした方がいいです。水質に関しては中性~弱アルカリ性を好みます。酸性に傾きすぎないようにしましょう。

 

◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

生餌の場合はメダカや冷凍赤虫、冷凍エビなどをバランスよく与えましょう。人工飼料には比較的慣れやすいです。人工飼料に慣れさせる場合、まずはパファークリルに慣れさせるのがすすめです。そこからカーニバル・キャットに慣れさせていきましょう。

  

◆混泳

ある程度のかじりあいは覚悟しないといけないですが、大きさを揃えてあげれば同種同士でも、他種とでも混泳可能です。

 

☆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

 

シノドンティスショウテデニー

シノドンティスショウテデニー

出展:https://amzn.to/2J6pPNZ

黒のまだら模様が入るシノドンティスの仲間です。シノドンティスアンジェリカスシノドンティスアンジェリカスなどと比べると比較的小型の種類で、大きさだけでいうとこれらの2種よりも飼育しやすい種類と言えます。

 

◆価格

約800~1000円

 

◆最大サイズ

約15㎝

 

◆寿命

10年以上


◆水温・水質

水温は22~28℃くらいを好みます。水質は弱酸性~中性くらいを保っていれば問題ありません。


◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

生エサを与える場合は、冷凍赤虫などになると思いますが、人工飼料には慣れやすい種類なので、キャットなどの人工飼料に慣れさせたほうが水の汚れも少なく、また栄養バランスにも優れているのでおすすめです。


◆混泳

気が荒いので基本不可です。もし混泳させるのであれば生活スペースが被らずにかつ本種よりも大きくなるレオパードクテノポマなどがいいのではないでしょうか。

 

☆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

テトラオドンミウルス

f:id:apy1526:20181217184236j:plain

出展:http://www.tropical-fish-jp.com/detail/a00105.html

ひょっとこのように突き出した口がとてもかわいらしい人気種です。写真のように、赤い種類をミウルスレッドと呼びます。

 

◆価格

一般的なミウルスは5000円~6000円程度ですが、ミウルスレッドになると8000円~10000円前後になります。

 

◆最大サイズ

15㎝前後

 

◆寿命

約10年 

 

◆水温・水質

水温は24~28℃程度を好みます。水質に関しては中性前後を好みます。ただ、極端にアルカリ、もしくは酸性に傾かなければそこまで気にしなくても大丈夫です。

  

◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

生餌の場合はメダカや冷凍赤虫、冷凍エビなどをバランスよく与えましょう。基本的にこういった待ち伏せ型の種類は人工飼料には慣れにくいです。人工飼料に慣れさせる場合、まずはパファークリルに慣れさせるのがすすめです。そこからキャットに慣れさせていきましょう。

  

◆混泳

不可

 

☆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

  

ハーコートスネークヘッド

一見地味ですが、飼い込むほどに美しい色彩を見せてくれます。そういった意味ではワイルドベタと同じような魅力を兼ね備えた種類です。価格は他の小型スネークヘッドと比べると少し高めです。

 

◆価格

 5000円前後

 

◆最大サイズ

約20㎝ 

 

◆寿命

 約5年

 

◆水温・水質

水温は23~27℃くらいを好みます。30℃を超える高水温に注意しましょう。水質に関しては中性前後を好むのですが、そこまで気にしなくても大丈夫です。

 

◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

生餌を与える場合は冷凍赤虫・小赤・冷凍エビなどをバランスよく与えましょう。人工飼料には比較的慣れやすいです。

 

◆混泳

スネークヘッドは気が荒い種類が多いので、この種類なら大丈夫!とは言えませんが、ポリプテルスセネガルスポリプテルスデルヘッジとであれば上手くいきやすいです。また、レインボースネークヘッドなどの小型のスネークヘッドとの混泳もうまくいきやすいでしょう。

 

☆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

テトラオドバイレイ(毛フグ)

f:id:apy1526:20190225161804j:plain

出展:http://q-be.ocnk.net/product/1461

皮弁と呼ばれる突起がまるで髭のように生えていることから、別名【毛フグ】とも呼ばれています。また、繁殖も狙える種類です。価格は少し高めです。

 

◆価格

 8000~13000円前後

 

◆最大サイズ

13~15㎝前後

 

◆寿命

約5年 

 

◆水温・水質

水温は25~28℃程度を好みます。水質に関しては中性前後を好みます。ただ、極端にアルカリ、もしくは酸性に傾かなければそこまで気にしなくても大丈夫です。

  

◆餌は?人工飼料には慣れやすいか?

生餌の場合はメダカや冷凍赤虫、冷凍エビなどをバランスよく与えましょう。人工飼料には比較的慣れやすいです。人工飼料に慣れさせる場合、まずはパファークリルに慣れさせるのがすすめです。そこからカーニバル・キャットに慣れさせていきましょう。

  

◆混泳

不可

 

☆より詳しい飼育方法を知りたい方はこちら↓

www.yoshiki-diary.com

 

古代魚・肉食魚・ペットフィッシュを45㎝水槽で飼育するのにいくら必要?

安いものでそろえた場合は、だいたい17000円くらいですかね。20000円は切るかなと思います。

チャームであれば、5980円以上で送料が無料で、アフターケアもしっかりしているのでおすすめです。また、お気に入りの生体もいれば用品と一緒に購入できるので、すぐに飼育を始めることもできます。

 
また、より詳しく知りたいという方はこちら【45cmで古代魚・肉食魚・中型魚を飼育するのに必要な値段はいくら?】にまとめましたので、よかったらご覧ください。